医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Vildagliptin action on some adipocytokine levels in type 2 diabetic patients: a 12-month, placebo-controlled study.

2型糖尿病患者におけるあるアディポサイトカイン濃度に及ぼすビルダグリプチン作用:12カ月、プラセボ対照試験。

Published date

2012-11-03

Author

Giuseppe Derosa, Pietro D Ragonesi, Anna Carbone, Elena Fogari, Angela D'Angelo, Arrigo Fg Cicero, Pamela Maffioli

Affiliation

University of Pavia, Department of Internal Medicine and Therapeutics, Fondazione IRCCS Policlinico, S. Matteo, PAVIA, P.le C. Golgi, 2 - 27100 Pavia, Italy. giuseppe.derosa@unipv.it

Abstract

OBJECTIVE: To evaluate the action of vildagliptin + metformin on some adipocytokine levels, glycemic control, and β-cell function in type 2 diabetic patients.

 

RESEARCH DESIGN AND METHODS: A total of 171 patients with poor glycemic control were instructed to add after a 8 ± 2 month-run-in period with metformin, vildagliptin 50 mg twice a day or placebo for 12 months.

 

MAIN OUTCOME MEASURES: We evaluated at 3, 6, 9, and 12 months, the body mass index (BMI), glycemic control, fasting plasma insulin (FPI), homeostasis model assessment insulin resistance index (HOMA-IR), homeostasis model assessment β-cell function index (HOMA-β), fasting plasma proinsulin (FPr), proinsulin/fasting plasma insulin ratio (Pr/FPI ratio), C-peptide, glucagon, resistin, retinol-binding protein-4 (RBP-4), chemerin, and tumor necrosis factor-α (TNF-α). Patients also underwent a combined euglycemic hyperinsulinemic and hyperglycemic clamp, with subsequent arginine stimulation to assess insulin sensitivity and insulin secretion.

 

RESULTS: After 12 months of vildagliptin + metformin, we observed a better decrease of body weight, glycemic control, HOMA-IR, and glucagon, and a better increase of HOMA-β, and of all the measures of β-cell function, compared to placebo + metformin. Vildagliptin + metformin also decreased resistin, RBP-4, and chemerin better.

 

CONCLUSION: Vildagliptin seems to have a positive action on some adipocytokines related to inflammation.

 

目的ビルダグリプチンの作用を評価するために、あるアディポサイトカイン濃度、血糖管理とβ-細胞の+メトホルミンは、2型糖尿病患者で機能する。
調査計画と方法:劣った血糖管理を有する合計171例の患者は、12ヵ月の間メトホルミン、1日2回ビルダグリプチン50mgまたはプラセボで8±2ヵ月-慣らし期間の後加わるように命じられた。
主要な予後の計測我々は、3、6、9と12ヵ月(体格指数(BMI)、血糖管理、空腹時の血漿インスリン(FPI)、ホメオスターシス・モデル評価インスリン抵抗性インデックス(HOMA-IR)、ホメオスターシス・モデル評価β-細胞機能インデックス(HOMA-β)、空腹時の血漿プロインスリン(FPr)、プロインスリン/絶食血漿インスリン比率(Pr/FPI比率)、C-ペプチド、グルカゴン、レジスチン、レチノール結合蛋白質-4(RBP-4)、chemerinと腫瘍壊死因子-α(TNF-α))に評価した。
インスリン受容性とインスリン分泌を評価する以降のアルギニン刺激で、患者も混合性正常血糖性高インスリン血症と高血糖鉗子を経験した。
結果12ヵ月のビルダグリプチン+メトホルミンの後、我々は体重、血糖管理、HOMA-IRとグルカゴンのより良好な減少を観察した、そして、HOMA-βの、そして、β-細胞機能のすべての計測のより良好な増加は+メトホルミンをプラセボと比較した。
ビルダグリプチン+メトホルミンも、よりよくレジスチン、RBP-4とchemerinを減少させた。
結論ビルダグリプチンは、炎症に関連した若干の脂肪サイトカインに及ぼす陽性作用を持つようである。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x