医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Pancreatitis with pancreatic tail swelling associated with incretin-based therapies detected radiologically in two cases of diabetic patients with end-stage renal disease.

膵尾部腫脹を伴う膵臓炎は、放射線学的に2例の糖尿病の末期腎臓病患者に認められるincretinベースの治療法と関連した。

Published date

2012-11-01

Journal

Intern Med. 2012; 51; 3045-9;

Author

Hirosuke Nakata, Seita Sugitani, Shuhei Yamaji, Satoko Otsu, Yoshihito Higashi, Yumiko Ohtomo, Gen Inoue

Affiliation

Department of Nephrology, Japanese Red Cross Society Wakayama Medical Center, Japan. hironakata0808@gmail.com

Abstract

We herein report two cases of pancreatitis associated with incretin-based therapies in end-stage renal disease (ESRD) patients undergoing dialysis. A 75-year-old woman with a history of liraglutide use and a 68-year-old man with a history of vildagliptin use both presented with nausea. They showed elevated levels of pancreatic enzymes and pancreatic tail swelling on CT. Their symptoms improved after discontinuing the drugs. In the absence of any obvious secondary causes of pancreatitis, we believe that the pancreatitis observed in these cases was associated with the incretin-based therapies. Few reports have been published on the safety and efficacy of incretin-based therapies in ESRD patients, and it remains uncertain whether the changes in the pancreas observed in the present cases are characteristic of ESRD patients.

 

この中の我々は、透析を受けている末期腎疾患(ESRD)患者で、incretinベースの治療法と関連した2例の膵臓炎を報告する。
liraglutide使用の既往歴をもつ75歳の女性とビルダグリプチン使用の既往歴をもつ68歳の男性は、悪心を両方とも呈した。
彼らは、CTに膵酵素と膵尾部腫脹の高いレベルを示した。
それらの症状は、薬を中止した後に改善された。
膵臓炎のどんな明らかな遠因がない場合でも、我々は、これらの場合観察される膵臓炎がincretinベースの治療法と関係していたと考えている。
ほとんど報告はESRD患者でincretinベースの治療法の安全性および有効性の上で発表されなかった、そして、現在の症例で観察される膵臓の変化がESRD患者に特徴的かどうかはいまだ明らかでない。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x