医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Effects and cost-effectiveness of a guideline-oriented primary healthcare hypertension management program in Beijing, China: results from a 1-year controlled trial.

中国北京市でのガイドラインを指向するプライマリーヘルスケア高血圧処置プログラムの効果と費用効果:1年の対照試験からの結果。

Published date

2012-11-15

Author

Xin Wang, Weiqin Li, Xian Li, Ning An, Hao Chen, Stephen Jan, Guanghua Ming, Qi Hua, Xiaowei Yan, Ningling Sun, Dong Zhao, Yangfeng Wu

Affiliation

Fuwai Hospital, Chinese Academy of Medical Sciences, Beijing, China.

Abstract

Hypertension control rates are unacceptably low in China. The present study demonstrates if a customized, guideline-oriented training program can cost-effectively improve hypertension management in primary healthcare. Four typical community health centers in Beijing were selected and randomized to intervention or control (one urban and one rural each). A sample of 140 patients with hypertension and blood pressure uncontrolled was recruited from each center. Primary healthcare providers in intervention centers provided management to the recruited patients for 1 year after receiving training with customized hypertension management guidelines, and primary healthcare providers in control provided with usual care. Intention-to-treat analysis showed that hypertension control (systolic blood pressure (SBP) <140 mm Hg and diastolic blood pressure (DBP) <90 mm Hg)) rate was significantly higher in interventions than controls at month 3 (42.1% vs. 34.3% in urban and 30.7% vs. 10.0% in rural centers) and the trend increased to month 12 (70.7% vs. 40.0% in urban and 72.9% vs. 27.9% in rural); P-values by logistic mixed model were all <0.001 for both urban and rural after adjustment for baseline multiple variables including blood pressure. Mean reductions of SBP and DBP were significantly larger in interventions. The intervention was cost-saving, with an average incremental cost-saving of US$ 20.3 per patient in urban sites and $ 7.0 per patient in rural sites. Corresponding results from per-protocol analysis were very similar. The customized, guideline-oriented hypertension management program in primary healthcare in China effectively improved blood pressure control and was cost-saving.

 

高血圧制御率は、中国で容認できないほど低い。
本研究は、カスタマイズされた、ガイドラインを指向する訓練計画がプライマリーヘルスケアで高血圧処置を費用対効果が高い状態で改善することができるかどうか示す。
北京の4つの典型的地域医療センターは、介入または制御(ある都市部のおよびある地方の各)に選択されて、ランダム化された。
高血圧と血圧を有する140例の患者のサンプルは、各中心から抑えきれずに補充された。
介入センターのプライマリーヘルスケア医療提供者はカスタマイズされた高血圧処置ガイドラインで訓練を受けた後に1年の間処置を入れられた患者に提供した、そして、対照におけるプライマリーヘルスケア医療提供者が通常ケアを備えていた。
intention-to-treat解析はその高血圧制御(収縮期血圧(SBP)<140mm Hgと拡張期血圧(DBP)<90mm Hg)を示した)、ヵ月3(42.1%対都市ものの34.3%と30.7%対地方の中心の10.0%)の対照と傾向がヵ月12(70.7%対都市ものの40.0%と72.9%対地方のものの27.9%)まで増加したより、率は介入で有意に高かった;ロジスティック混合モデルでのp値は、都市および血圧を含むベースライン複数の変数の調整の後地方のもののための全<0.001であった。
SBPの減少を意味する、そして、DBPは介入で有意により大きかった。
都市部位の患者当たりの20.3米ドルと地方の部位の患者当たりの7.0ドルのコストを抑えて、増加する平均、介入はコストを抑えた。
プロトコル当たりの分析からの対応する結果は、非常に類似していた。
中国でのプライマリーヘルスケアのカスタマイズされた、ガイドラインを指向する高血圧処置プログラムは、効果的に血圧コントロールを改善して、コストを抑えた。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x