医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Mid-term Outcomes of Anterior Cervical Fusion for Cervical Spondylosis With Sympathetic Symptoms.

Published date

Mid-term Outcomes of Anterior Cervical Fusion for Cervical Spondylosis With Sympathetic Symptoms.

交感神経性症状を伴う頸部脊椎症のための前頸部融合の中間結果。

Published date

Journal

Clin Spine Surg. 2016; 29; 255-260;

Author

Jun Li, Dong-Jie Jiang, Xin-Wei Wang, Wen Yuan, Lei Liang, Zhan-Chao Wang

Affiliation

Department of Orthopedics Surgery, Changzheng Hospital of the Second Military Medical University, Shanghai 200003, China.

Abstract

STUDY DESIGN: Prospective study.

 

OBJECTIVE: The purpose of this study is to elucidate mid-term outcomes of anterior cervical fusion for cervical spondylosis with sympathetic symptoms (CSSS).

 

SUMMARY OF BACKGROUND DATE: The terminology, pathogenesis, diagnosis, and treatment of CSSS remain controversial. Surgical treatment of CSSS has been rarely reported. This is the first prospective study to evaluate the mid-term outcome of surgical treatment of CSSS.

 

METHODS: Thirty-one patients who were diagnosed with CSSS in 2006 were evaluated prospectively. All patients were assigned to undergo anterior cervical fusion with posterior longitudinal ligament (PLL) resection and followed up for ≥5 years. Sympathetic symptoms such as vertigo, headache, and tinnitus, etc. were evaluated using the sympathetic symptom 20-point score. Neurological status was assessed using the Japanese Orthopedic Association (JOA) score. Clinical and radiologic data were prospectively collected before surgery, and at 1 week, 2 months, 6 months, 2 years, and 5 years after surgery. Surgical complications and morbidities of other diseases during the follow-up were also recorded.

 

RESULTS: The mean 20-point score decreased significantly from 7.3±3.5 before surgery to 2.2±2.7 at the final follow-up (P<0.001), giving a mean recovery rate of 66.1%±50.3%. Good to excellent results were attained in 80.6% of these patients. The sympathetic symptoms were relieved in 23 of the 31 patients in the early postoperative period, and 5 patients in 2 months. No relief of sympathetic symptoms was found in 3 patients. The mean JOA score improved significantly from 12.0±1.9 before surgery to 14.8±1.5 by the end of the follow-up (P<0.001). No late neurological deterioration was found in this group.

 

CONCLUSIONS: The mid-term outcomes of anterior cervical fusion with PLL resection for CSSS have been satisfactory. Differential diagnosis before surgery is of great importance. PLL may play a role in presenting sympathetic symptoms.

 

研究デザイン前向き研究。


目的本研究の目的は、交感神経性症状(CSSS)で頚椎症のために前頸部融合の中間結果を説明することである。


背景日付の概要:用語、病因、診断とCSSSの治療は、論争中である。
CSSSの外科治療は、まれに報告された。
これは、CSSSの外科治療の中間結果を評価する第1の前向き研究である。


方法2006年にCSSSで診断された31例の患者は、前向きに評価された。
すべての患者は後縦靱帯(PLL)切除で前頸部融合を受けるよう割り当てられて、≥5年の間追跡された。
交感神経性症状(例えばめまい、頭痛と耳鳴など)は、20ポイントが記録する交感神経性症状を使用して評価された。
神経状態は、日本の整形連合(JOA)スコアを使用して評価された。
臨床および放射線学的データは、手術の前に、そして、手術後の1週、2ヵ月、6ヵ月、2年と5年に前向きに集められた。
追跡調査の間の他の疾患の外科合併症と罹患率も、記録された。


結果平均20ポイントのスコアは7.3±手術の前の3.5から2.2±最終的な追跡調査(P < 0.001)の2.7に有意に減少した。
そして、66.1%±50.3%の平均回復率を与えた。
良好ないし優れた結果は、これらの患者の80.6%で到達された。
交感神経性症状は、手術後の期間初期に31例の患者と2ヵ月間の5例の患者の23例で楽にされた。
交感神経性症状の救助は、3例の患者で見つからなかった。
平均JOAスコアは、追跡調査(P < 0.001)の終りまでに、14.8±1.5まで、手術の前に12.0±1.9から、有意に改善された。
少しも遅くない神経学的な悪化は、この群で見つかった。


結論:CSSSのためのPLL切除による前頸部融合の中間結果は、満足だった。
手術の前の鑑別診断は、非常に重要である。
PLLは、交感神経性症状を提示することで役割を果たす可能性がある。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x