医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Alcohol withdrawal and delirium tremens in the critically ill: a systematic review and commentary.

Published date 2012 Nov 27

Alcohol withdrawal and delirium tremens in the critically ill: a systematic review and commentary.

非常に重篤なもののアルコール離脱と振戦譫妄:系統的レビューと解説。

Published date

2012-11-27

Author

Don-Kelena Awissi, Genevieve Lebrun, Douglas B Coursin, Richard R Riker, Yoanna Skrobik

Affiliation

Pharmacy Department, Hôpital Maisonneuve-Rosemont, 5415 Boulevard de l'Assomption, Montreal, PQ, H1T 2M4, Canada.

Abstract

INTRODUCTION: Alcohol withdrawal is common among intensive care unit (ICU) patients, but no current practice guidelines exist. We reviewed published manuscripts for prevalence, risk factors, screening tools, prophylactic and treatment strategies, and outcomes for alcohol withdrawal syndrome (AWS) and delirium tremens (DT) in the critically ill.

 

METHODS: The following databases: PubMed, MEDLINE, Embase, Cochrane Database of Systematic Reviews and Central Register of Controlled Trials, CINAHL, Scopus, Web of Knowledge, pain, anxiety and delirium (PAD) Guidelines REFWORKS, International Pharmaceutical Abstracts and references for published papers were searched. Publications with high or moderate Grading of Recommendations Assessment, Development and Evaluation (GRADE) and Oxford levels of evidence were included.

 

RESULTS: Reported AWS rates range from <1 % in 'all ICU comers' to 60 % in highly selected alcohol-dependent ICU patients. Alcohol dependence and a history of withdrawal are significant risk factors for AWS occurrence. No screening tools for withdrawal have been validated in the ICU. The benefit of alcohol withdrawal prophylaxis is unproven, and proposed regimens appear equivalent. Early and aggressive titration of medication guided by symptoms is the only feature associated with improved treatment outcome.

 

CONCLUSIONS: Treatment of AWS is associated with higher ICU complication rates and resource utilization. The optimal means of identification, prevention and treatment of AWS in order to establish evidence-based guidelines remain to be determined.

 

序論アルコール離脱は集中治療室(ICU)患者の間で普通にみられる、しかし、現在の診療ガイドラインが存在しない。
我々は、非常に重篤なものでアルコール禁断症候群(AWS)と振戦譫妄(DT)のために有病率、危険因子、スクリーニングツール、予防および治療戦略と結果について発表された原稿を見直した。
方法以下のデータベース:PubMed、MEDLINE、Embase、Controlled TrialsのSystematic Reviewsと中央RegisterのコクランDatabase、CINAHL、Scopus、Knowledgeのウェブ、痛み、不安と譫妄(PAD)Guidelines REFWORKS、国際薬学抄録と公開された書類のための参考文献は、検索された。
Recommendations Assessment(Development)とEvaluation(GRADE)と証拠のオックスフォード・レベルの高いか中等度のGradingによる刊行物は、含まれた。
結果既報告のAWS率は、『すべてのICU来訪者』の<1%からごく限られたアルコール依存症ICU患者における60%の範囲である。
アルコール依存症と離脱の既往歴は、AWS出現の有意な危険因子である。
離脱のためのスクリーニングツールは、ICUで確認されなかった。
アルコール離脱予防法の利点は証明されていない、そして、提案された療法は等価にみえる。
症状によって導かれる薬物の早めのおよび攻撃的滴定は、改善された治療転帰と関連した唯一の特徴である。
結論:AWSの治療は、より高いICU合併症率と資源利用と関係している。
AWSの同定、予防と治療の最適手段は、根拠に基づくガイドラインを行うために、決定されないままである。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x