医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Two-dimensional fluorescence difference gel electrophoresis analysis of Listeria monocytogenes submitted to a redox shock.

リステリア菌の二次元の蛍光差ゲル電気泳動分析は、レドックス・ショックを受け入れた。

Published date

2012-11-27

Author

Maria Ignatova, Blandine Guével, Emmanuelle Com, Nabila Haddad, Albert Rossero, Philippe Bogard, Hervé Prévost, Sandrine Guillou

Affiliation

INRA, Nantes, F-44307, France; LUNAM Université, ONIRIS, UMR1014 SECALIM, Nantes, F-44307, France.

Abstract

The influence of redox alteration on the growth and proteomic pattern of Listeria monocytogenes was investigated. A redox shock was induced in cultures by addition of 3mM ferricyanide (FeCN) and 6mM dithiothreitol (DTT) to increase or to decrease respectively the redox potential naturally occurring at the beginning of growth. In both conditions, the reducing and oxidizing redox shock had a strong influence, decreasing the maximum growth rate by half compared to a control culture. The proteomic analysis of L. monocytogenes performed by two-dimensional difference gel electrophoresis (2D-DIGE) exhibited twenty-three proteins differentially expressed (P<0.05), among these, many were oxidoreductases, and proteins involved in cellular metabolism (glycolysis, protein synthesis), detoxification (kat) or adhesion (Lmo1634).

 

リステリア菌の成長とプロテオマイク・パターンに関するレドックス変更の影響は、調査された。
レドックス・ショックは、増加するか、それぞれ、当然腫瘍の始めに起こっている酸化還元電位を減少させるために、3mMのフェリシアン化物(FeCN)と6mMのジチオスレイトール(DTT)の追加によって、培養で誘発された。
両方の条件では、減少しているおよび酸化しているレドックス・ショックには強い影響があった。
そして、制御培養と比較して半分だけ最大成長速度を減少させた。
二次元の差ゲル電気泳動(2D-DIGE)によって実行されるL. monocytogenesのプロテオマイク分析は差別的に表される(P < 0.05)23のタンパク質を示した、これらの間で、多くは酸化還元酵素であった、そして、タンパク質は細胞性代謝(解糖、蛋白合成)、解毒(カート)または癒着(Lmo1634)を中で含んだ。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x