医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Partial sequence analysis of B2L gene of Brazilian orf viruses from sheep and goats.

Published date 2012 Nov 8

Partial sequence analysis of B2L gene of Brazilian orf viruses from sheep and goats.

ヒツジとヤギからのブラジルのオルフウイルスのB2L遺伝子の部分的な順序分析。

Published date

2012-11-08

Author

Candice Schmidt, Juliana F Cargnelutti, Mário C S Brum, Carolina K Traesel, Rudi Weiblen, Eduardo F Flores

Affiliation

Setor de Virologia, Departamento de Medicina Veterinária Preventiva, Universidade Federal de Santa Maria, Av. Roraima, 1000 Santa Maria, RS 97105-900, Brazil.

Abstract

We herein describe the partial nucleotide sequencing and phylogenetic analysis of the B2L gene of seventeen Brazilian orf viruses (ORFV). Seventeen viruses were recovered from outbreaks of contagious ecthyma in sheep and goats in four states in Southern and Northeast country, and three from commercial vaccines. Most analyzed viruses were associated with outbreaks of classical contagious ecthyma, with lip, nostrils and labial commissure involvement, yet udder/teat, feet, vulvar and disseminated lesions were also reported in some cases. Nucleotide sequence analysis revealed a high degree of B2L similarity among sheep sequences (>99%) regardless the geographic origin, and a remarkable high identity for the two goat isolates (>99.8%), with similarity dropping to below 99% when comparing viruses from the two species. A phylogenetic tree grouped most sheep and goat viruses on different branches. In addition, sequence alignment allowed the identification of up to six scattered nucleotide changes that were predominant and more consistent in goat isolates, including a number of sequences from other continents. Thus, in spite of the high nucleotide similarity, different degrees of similarity and discrete nucleotide changes in the B2L gene may help in grouping ORFV viruses according to host species.

 

この中の我々は、17のブラジルのオルフウイルス(ORFV)のB2L遺伝子の部分的なヌクレオチド塩基配列決定法と系統発生分析を解説する。
17のウイルスは、南部および北東国の4つの州のヒツジとヤギにおける感染性膿瘡と市販ワクチンからの3の発生から取り戻された。
大部分の分析されたウイルスは、唇、鼻孔と唇交連病変、更に乳房/乳首、足で、外陰部古典的接触感染性の膿瘡の発生と関係していた、そして、散布巣も場合によっては報告された。
ヌクレオチド配列分析は、気にせずにヒツジ配列(>99%)の間で、高度なB2L類似性を明らかにした99%以下に落ちている類似性で地理的な起源(そして、2つのヤギ分離株(>99.8%)のための著明な高度なアイデンティティ)2つの種からウイルスを比較する。
系統樹は、異なる分岐で大部分のヒツジとヤギ・ウイルスを分類した。
加えて、順序配列は、優性だったおよびヤギ分離株(他の大陸からの多くの順序を含む)でより一貫していた最高6つの散在するヌクレオチド変化の同定を許した。
このように、高度なヌクレオチド類似性にもかかわらず、類似性の異なる程度とB2L遺伝子の別々のヌクレオチド変化は、宿主種によってグループ化ORFVウイルスで助ける可能性がある。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x