医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Negative affective state mimics effects of perceptual load on spatial perception.

Published date 2012 Dec 3

Negative affective state mimics effects of perceptual load on spatial perception.

陰性感情の状態は、空間知覚への知覚的な荷重の効果を模倣する。

Published date

2012-12-03

Author

Valentina Rossi, Gilles Pourtois

Affiliation

Psychopathology and Affective Neuroscience Laboratory, Department of Experimental-Clinical and Health Psychology, Ghent University, Ghent, Belgium. Valentina.Rossi@UGent.be

Abstract

Recent electrophysiological evidence has shown that perceptual load and negative affective state can produce very similar, early-attention gating effects in early visual areas, modulating the processing of peripheral stimuli. Here we assessed the question of whether or not these modulatory effects of perceptual load and negative affect (NA) lead to comparable changes in spatial perception abilities, which could be captured at the behavioral level. High perceptual load at fixation impaired the precise spatial localization of peripheral textures, relative to a low perceptual load condition. By contrast, the coarse spatial encoding of these peripheral stimuli was not load-dependent, under neutral affective conditions. The transient experience of NA was induced in an independent sample of participants, who showed decreased performance in the localization task, even at a low perceptual-load level. These results were observed in the absence of any systematic eye movement toward the peripheral textures. These findings suggest that spatial location perception is an attention-dependent, as well as state-dependent process, in the sense that NA, very much like load, can dynamically shape early spatial perceptual abilities. Although NA mimics load during spatial localization, we discuss the possibility that these two effects likely depend upon nonoverlapping brain networks.

 

最近の電気生理学の証拠は知覚的な負荷と陰性感情の状態が視覚野年の初めに非常に類似の、早めの注意ゲート制御効果を発生することができることを示した。
そして、末梢刺激の処理を調整した。
ここでは、我々は知覚的な負荷と陰性情動(NA)のこれらの調節的な効果が空間知覚能力の相当する変化につながるか否かの問題を評価した。
そして、それは行動レベルで捕獲されることができた。
低い知覚的な負荷状態と関連して、固定の高い知覚的な負荷は、末梢テクスチャーの正確な空間位置確認をそこなった。
対照的に、中立不偏の感情の状態の下で、これらの末梢刺激の粗い空間コード化は、負荷依存的でなかった。
NAの一時的な経験は、参加者(その人は局在作業で減少した成績を示した)の独立サンプルで、低い知覚的な負荷レベルでさえ、誘導された。
これらの結果は、末梢テクスチャーの方へどんな系統的眼球運動がない場合でも観察された。
これらの所見は、NA(非常にロードのような)が初期の空間知覚的な能力を動的に形づくることができるという点で、空間位置認知が注意扶養家族(状態依存的なプロセスと同様に)であることを示唆する。
NAが空間位置確認の間、ロードを模倣するにもかかわらず、我々はこれらの2つの効果がおそらく非オーバーラップ脳ネットワークに依存するという可能性を検討する。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x