PubMed日本語 - 都市および地方の条件の下の大気の純粋なおよび素粒への様々な暴露に関する比較研究。―QLifePro医療翻訳医療翻訳 QLifePro

医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

A comparative study on the varying exposure to atmospheric fine and coarse particles under urban and rural conditions.

Published date

A comparative study on the varying exposure to atmospheric fine and coarse particles under urban and rural conditions.

都市および地方の条件の下の大気の純粋なおよび素粒への様々な暴露に関する比較研究。

Published date

Journal

J Air Waste Manag Assoc. 2012; 62; 1313-28;

Author

Uta Wolf-Benning, Eckart Schultz, Volker Dietze, Uwe Kaminski, Wilfried Endlicher

Affiliation

Geographisches Institut, Humboldt Universität zu Berlin, Berlin, Germany. uta.wolf@geo.hu-berlin.de

Abstract

This paper is based on the results of three air quality studies conducted in Buenos Aires in Berlin, and in German spas between 2003 and 2007. A high comparability of results was ensured by using the same sampling techniques and analytical methods. Total particle sampling was achieved by active sampling of fine (PM2.5) and passive sampling of coarse particles > or = 2.5 microm and giant particles > or = 10 microm. The highly absorbing, black, predominantly carbonaceous particles (BC) of fine particle samples were determined by measuring the total light attenuation of filter samples and interpreting the extinction value as black carbon. The difference between the gravimetric total mass concentration of the PM2.5 samples and the BC is defined as the transparent, mostly mineral fine fraction. In coarse/giant particle samples the mean gray value was determined by means of automated light microscopy with subsequent single-particle analysis. "Opaque" particles were separated from the "transparent" particle fraction by applying a grey value threshold level. Microscopic measurement of individual particles was employed to establish the size distribution of the coarse and giant fraction. Due to different health effects, the separate detection of these components is suggested. Decline functions of particles are given, possibly providing useful information for a more detailed specification of the local particle distribution, and for a better estimate of the individual exposure. Atmospheric dispersal of particles was found effected mainly by source characteristics. An increased, spatially largely constant level of fine transparent particles in Berlin indicates a particle plume originating from photochemical processes. Buenos Aires, in contrast, is characterized by a lower background level of fine transparent particles but is considerably affected by fine black particles from diesel emissions and by a higher resuspension of coarse/giant transparent, mainly soil particles.

 

本論文は、ベルリンのブエノスアイレスで、そして、2003~2007年のドイツの温泉で実施される3つの空気質学科の結果に基づく。
結果の高い比較は、同じ標本抽出法と分析法を用いて確実にされた。
完全な粒子サンプリングは、素粒の微細および(PM2.5)受動的なサンプリングの活発なサンプリングによって成し遂げられた > または= 2.5のmicromと巨大粒子 > または= 10のmicrom。
微粒子試料の非常に吸収、黒い、主に炭素質の粒子(BC)は、フィルター検体の完全軽い減弱を測定して、絶滅値を黒い炭素と解釈することで測定された。
PM2.5試料の重量計の総大量の濃度とBC間の差は、透明な、大部分は鉱物の純粋な断片と定義される。
中で、きめの粗い/巨大粒子は、平均灰色の値を標本抽出するは以降の単一粒子分析によるオートメーション化した顕微鏡検査の手段によって決定した。
「不透明な」粒子は、灰色の値閾値レベルを適用することによって、「透明な」粒子断片から分離された。
個々の粒子の顕微鏡的測定は、きめの粗いおよび巨大断片のサイズ分布を確立するために使用された。
異なる健康効果のため、これらの構成要素の別々の検出は、示唆される。
粒子の低下機能は与えられる。
そして、おそらく役立つ情報を局所粒子分布のより詳細な仕様のために、そして、個々の暴露のより良好な推定値のために提供する。
粒子の大気の解散は、ソース特徴によって主に生じるのを発見された。
ベルリンの純粋な透明な粒子の増加した、空間的にたくさん一定のレベルは、光化学物質プロセスから生じている粒子の柱を示す。
対照的に、ブエノスアイレス純粋な透明な粒子の低いバックグラウンド強度によって特徴づけられて、しかし、ディーゼル排出からの、そして、より高い再懸濁による粒子をかなり立派な黒人によって影響を及ぼされる粗い/巨大透明な、主に粒子を汚す。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x