医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Anterior decompression in the management of unilateral cervical spondylotic amyotrophy.

Published date

Anterior decompression in the management of unilateral cervical spondylotic amyotrophy.

片側性頸椎症性筋萎縮症の管理の前方減圧法。

Published date

Author

Jing Tao Zhang, Da Long Yang, Yong Shen, Ying Ze Zhang, Lin Feng Wang, Wen Yuan Ding

Affiliation

Abstract

Cervical spondylotic amyotrophy is a rare clinical condition. The purpose of this study was to investigate the effects of anterior decompression in patients with unilateral upper-extremity amyotrophy caused by cervical spondylosis. The authors retrospectively analyzed the records of 31 patients (23 men and 8 women) who underwent anterior decompressive surgery for cervical spondylotic amyotrophy at the authors' institution between 2000 and 2011. Demographic characteristics, pre- and postoperative results of imaging studies, and postoperative muscle power improvement were reviewed at a mean follow-up of 22.2 months (range, 14-36 months). Patients were divided into proximal (n=21) and distal (n=10) types according to the most severely atrophic muscle, and the 2 groups were compared statistically. The most commonly affected intervertebral level in proximal-type patients was C4-C5, whereas that in distal-type patients was C5-C6. Impingements against the ventral nerve root and anterior horn were observed in 22 and 25 cases, respectively, with 16 cases having both impingements. Eighty-one percent of proximal-type patients gained 1 or more grades of muscle power improvement on manual muscle testing, whereas 40% of distal-type patients improved. Within 15 postoperative days, 57% of proximal-type patients attained subjective or objective improvement of muscle power, whereas all distal-type patients failed to improve. Anterior decompression was effective for most patients with unilateral cervical spondylotic amyotrophy, although postoperative muscle power improvement in distal-type patients was inferior to that in proximal-type patients. Furthermore, compared with the proximal type, the distal type showed a slower postoperative recovery.

 

頸椎症性筋萎縮症は、まれな臨床症状である。
本研究の目的は、頚椎症に起因する片側性上肢筋萎縮患者で前方減圧法の効果を調査することであった。
著者は、2000~2011年に著者の機関で頸椎症性筋萎縮症のために前方減圧手術を受けた31例の患者(23人の男性と8人の女性)の記録を遡及的に分析した。
人口統計学的特性、画像診断検査の手術前と後の結果と術後筋仕事率改善は、22.2ヵ月(範囲、14-36ヵ月)の平均追跡期間で概説された。
患者は最も高度に萎縮性筋肉によって近位および(n=21)遠位(n=10)型に分けられた、そして、2つの群は統計学的に比較された。
近位型患者で最も一般に影響を受けた椎間レベルはC4-C5であったが、遠位型患者におけるそれはC5-C6であった。
両方の衝突がある16例で、腹部神経根と前角に対する衝突は、それぞれ22と25例観察された。
近位型患者の81パーセントは徒手筋力テストの筋仕事率進歩の1つ以上の等級を得たが、遠位型患者の40%は改善された。
手術後の15日以内に、近位型患者の57%は筋仕事率の主観的であるか客観的な改善に到達したが、すべての遠位型患者は改善されるのに失敗した。
前方減圧法は大部分の片側性頸椎症性筋萎縮症患者のために効果的だった、しかし、遠位型患者の術後筋仕事率改善は近位型患者でそれより劣っていた。
さらにまた、近位型と比較して、遠位型は、より緩徐性術後回復を示した。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x