医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Developing oral probiotics from Streptococcus salivarius.

Published date

この論文を読んでいる方は
こちらの論文も読んでいます。

Developing oral probiotics from Streptococcus salivarius.

唾液連鎖球菌からの発育過程の経口プロバイオティクス。

Published date

Author

Philip A Wescombe, John Df Hale, Nicholas Ck Heng, John R Tagg

Affiliation

BLIS Technologies Ltd. Centre for Innovation, PO Box 56, Dunedin, 9054, New Zealand.

Abstract

Considerable human illness can be linked to the development of oral microbiota disequilibria. The predominant oral cavity commensal, Streptococcus salivarius has emerged as an important source of safe and efficacious probiotics, capable of fostering more balanced, health-associated oral microbiota. Strain K12, the prototype S. salivarius probiotic, originally introduced to counter Streptococcus pyogenes infections, now has an expanded repertoire of health-promoting applications. K12 and several more recently proposed S. salivarius probiotics are now being applied to control diverse bacterial consortia infections including otitis media, halitosis and dental caries. Other potential applications include upregulation of immunological defenses against respiratory viral infections and treatment of oral candidosis. An overview of the key steps required for probiotic development is also presented.

 

相当な人間の疾患は、口腔常在菌叢逆平衡の発展との関連があることができる。
優性口腔片利共生者、salivariusが無事に重要なもととして現れたレンサ球菌と有効なプロバイオティクス(より平衡、健康関連の経口微生物叢を育てることができる)。
K12の重圧となる、原型S. salivarius生菌(最初は反化膿レンサ球菌感染症にもたらされる)は現在健康促進アプリケーションの拡張されたレパートリーを持つ。
K12と更にいくつかの最近提唱されたS. salivariusプロバイオティクスは、中耳炎、口臭と齲食を含む多様な細菌性コンソーシアム感染症をおさえるために、現在適用されている。
他の潜在的アプリケーションは、呼吸ウイルス感染に対する免疫学的防衛手段の上方制御と口のカンジダ症の治療を含む。
生菌発生のために必要とされる鍵となるステップの概要も、示される。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x