医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Detection of nano- and micro-sized particles in routine biopsy material - pilot study.

Published date 2012 Dec 10

Detection of nano- and micro-sized particles in routine biopsy material - pilot study.

単調な生検資材のナノ-とマイクロ-大きさの粒子の検出-予備的研究。

Published date

2012-12-10

Author

Jana Dvorackova, Hana Bielnikova, Jana Kukutschova, Pavlina Peikertova, Peter Filip, Karol Zelenik, Pavel Kominek, Magdalena Uvirova, Jana Pradna, Zuzana Cermakova, Igor Dvoracek

Affiliation

Faculty of Medicine, University of Ostrava, Syllabova 19, 703 00 Ostrava, Czech RepublicbFaculty Hospital Ostrava, 17.listopadu 1790, 708 52 Ostrava cNanotechnology Center, VSB - Technical University Ostrava, 17. listopadu 15, 70833 Ostrava.

Abstract

BACKGROUND: Nanotechnology is receiving enormous funding. Very little however is known about the health dangers of this technology so far. Chronic tonsillitis is one of a number of diseases called idiopathic. Among other factors, the tonsils are exposed to suspended particles in inhaled air including nano particles. The objective of this study was to detect and evaluate metallic particles in human tonsil tissue diagnosed with chronic tonsillitis and in amniotic fluid as a comparison.

 

METHODS: . Scanning electron microscopy with energy dispersive X-ray spectroscopy (SEM-EDX) was used for identification of solid particles in a total of 64 samples of routinely analyzed biopsy and cytologic material.

 

RESULTS: Almost all samples were found to contain solid particles of various metals. The most frequent, regardless of diagnosis, were iron, chromium, nickel and aluminium. The size, determined using SEM, varied from around 500 nm to 25 µm. The majority formed aggregates of several micrometers in size but there were a significant number of smaller (sub-micrometer or nano-sized) particles present. The incidence of metallic particles was similar in child and adult tissues. The difference was in composition: the presence of several metals in adults was due to occupational exposure.

 

CONCLUSIONS: The presence of metallic particles in pathologically altered tissues may signal an alternative causation of some diseases. The ethiopathogenic explanation of these diseases associated with the presence of nano-sized particles in the organism has emerged into a new field of pathology, nanopathology.

 

背景微小工学は、巨大な資金を受領している。
しかしながら、ごくわずかしか今までにこの技術の健康危険性についてわかっていない。
慢性扁桃炎は、特発性であると言われる多くの疾患の1つである。
他の因子の間で、扁桃は、中で空気を吸入される懸濁塵埃にさらされるナノ粒子。
本研究の目的は、慢性扁桃炎で、そして、比較としての羊水で診断されるヒト扁桃組織で金属粒子を検出して、評価することであった。


方法。
エネルギー分散的なエックス線分光学(SEM-EDX)による走査電子顕微鏡検査が、通常分析された生検と細胞学的材料の合計64の試料で、固体粒子の同定のために使われた。


結果ほとんどすべての検体が、さまざまな金属の固体粒子を含むとわかった。
診断に関係なく、最も頻繁なものは鉄、クロミウム、ニッケルとアルミニウムであった。
大きさ(SEMを使用して決定される)は、500ナノメートルのあたりから25のµmまで変化した。
大多数は大きさにおいて数マイクロメートルの集合を形成した、しかし、存在するより小さい(μm未満であるかナノ大きさの)粒子の有意な数があった。
金属粒子の発生率は、小児および成人組織の点で同様だった。
差は、組成物の中にあった:成人におけるいくつかの金属の存在は、職業被曝によった。


結論:病理学的に変えられた組織の金属粒子の存在は、若干の疾患の他の原因を合図する可能性がある。
生物のナノ大きさの粒子の存在と関連したこれらの疾患のethiopathogenic説明は、病理学(ナノ病理学)の新しい分野に現れた。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x