医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Why it is necessary to translate curcumin into clinical practice for the prevention and treatment of metabolic syndrome?

Published date 2012 Dec 13

この論文を読んでいる方は
こちらの論文も読んでいます。

Why it is necessary to translate curcumin into clinical practice for the prevention and treatment of metabolic syndrome?

なぜ、メタボリック症候群の予防と治療のためにクルクミンから臨床診療に変換することが必要か?

Published date

2012-12-13

Author

Amirhossein Sahebkar

Affiliation

Cardiovascular Research Center, Biotechnology Research Center and School of Pharmacy, Mashhad University of Medical Sciences (MUMS), Mashhad, Iran. sahebkarah811@mums.ac.ir

Abstract

Curcumin (diferuloylmethane) is the yellow-orange pigment of dried Curcuma longa L. rhizomes (turmeric). During the past two decades, there has been a large volume of published studies describing the biological and pharmacological properties of this phytochemical including anticancer, anti-inflammatory, antioxidant, antithrombotic, antiatherosclerotic, cardioprotective, neuroprotective, memory enhancing, antiparkinsonism, antirheumatic, anti-infectious, antiaging, antipsoriatic, and anticonvulsant activities. In addition, curcumin has been shown to be extremely safe and interact with multiple molecular targets that are involved in the pathogenesis of metabolic syndrome. Curcumin could favorably affect all leading components of metabolic syndrome including insulin resistance, obesity, hypertriglyceridemia, decreased HDL-C and hypertension, and prevent the deleterious complications of MetS including diabetes and cardiovascular disease. Owing to its antioxidant and anti-inflammatory properties, curcumin can also exert several pleiotropic effects and improve endothelial dysfunction, adipokine imbalances, and hyperuricemia which usually accompany MetS. Despite the potential tremendous benefit of this multifaceted phytopharmaceutical, no trial result has yet been publicized on this issue. This review seeks to briefly summarize the ample scientific evidence that supports the therapeutic efficacy of curcumin, at least as an adjunctive treatment, in patients with MetS.

 

クルクミン(diferuloylmethane)は、乾燥ウコンlonga L.根茎(ウコン)の黄色のオレンジ色素である。
過去20年の間に、抗癌ものを含むこの植物化学物質、抗炎症薬、抗酸化剤の生物学的および薬理学的特性を述べている大量の発表された調査が、あった。
そして、抗血栓で、抗アテローム硬化性である。
そして、心保護的で、神経保護である。
そして、記憶が高まる、抗パーキンソン症候群、抗リウマチ、抗感染性、老化防止の、抗乾癬のおよび鎮痙性の活動。
加えて、クルクミンは、極度に安全で、メタボリック症候群の病因に関係している複数の分子目標と相互作用することが示された。
クルクミンは、有利にインスリン抵抗性、肥満、高トリグリセリド血症、減少したHDLCと高血圧を含むメタボリック症候群のすべての主要な構成要素に影響を及ぼすことができて、糖尿病と心血管疾患を含むMetSの有害な合併症を予防することができた。
その抗酸化剤と抗炎症特性のために、クルクミンはいくつかの多面発現効果を及ぼすこともできて、内皮機能不全、脂肪畜牛アンバランスと通常MetSを伴う高尿酸血を改善することもできる。
この多面的な植物医薬の潜在的相当な便宜にもかかわらず、試験結果は、まだこの問題に関して公表されなかった。
このレビューは、短時間にMetSを有する患者で、少なくとも補助的な治療として、クルクミンの治療成績をサポートする十分な科学的な証拠を要約しようとする。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x