医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Polyuria and 'watery wee' in a toddler.

Published date 2012 Dec 13

Polyuria and 'watery wee' in a toddler.

幼児における多尿と『水のおしっこ』。

Published date

2012-12-13

Author

Jane Ding, Leonie Perera

Affiliation

Department of Paediatrics, Royal Alexandra Children's Hospital, Brighton, UK.

Abstract

A 2-year-old girl presented with intermittent dysuria. Following triage in paediatric A+E, the nursing staff became concerned with the large sample of colourless urine she produced, which tested positive for leucocytes. She was described as a 'big drinker' to the SHO, raising concerns about diabetes insipidus. On detailed questioning it emerged that she had recently drunk a herbal tea preparation (buchu, couchgrass, marshmallow and plantain) to help 'flush out' her urinary system. She was advised to stop the tea. She had localised genital irritation and was discharged home with hygiene/barrier advice, pending urine culture results. She represented 2 days later with worsening dysuria and fever. Her urine was of normal colour and tested positive for leucocytes, nitrites and blood, hence she started antibiotics (urine cultures subsequently grew coliforms). Herbal use in children is not uncommon and should be considered as a cause of polyuria.

 

2歳の女児は、間欠性排尿困難を呈した。
小児科のA+Eのトリアージ後に、看護職員は彼女が形成した無色の尿の大きな検体に関心を持った。
そして、それは白血球の陽性反応を示した。
彼女はSHOに対する『大きい飲用者』と言われた。
そして、尿崩症に対する懸念を引き起こした。
詳細な質問に関して、彼女が泌尿器系を『洗浄する』のを助けるために最近ハーブのお茶製剤(ブッコノキ、couchgrass、マシュマロとオオバコ)を飲んだことは、明らかになった。
彼女は、お茶を止めるように勧められた。
尿培養結果が得られるまで、彼女は生殖刺激を限局して、衛生/バリア・アドバイスで退院して自宅に戻った。
彼女は、排尿困難と熱を悪化させることで、後で2日を代表した。
彼女の尿は正常色で、白血球、亜硝酸塩と血液の陽性反応を示した、それゆえに、彼女は抗生物質(尿培養は、大腸菌型をその後栽培した)を始めた。
小児におけるハーブの使用は、まれでなくて、多尿の原因と思われなければならない。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x