医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Hyperuricemia and metabolic syndrome: lessons from a large cohort from Israel.

Published date

Hyperuricemia and metabolic syndrome: lessons from a large cohort from Israel.

高尿酸血とメタボリック症候群:イスラエルからの大きなコホートからのレッスン。

Published date

Journal

Isr Med Assoc J. 2012; 14; 676-80;

Author

Eytan Cohen, Ilan Krause, Abigail Fraser, Elad Goldberg, Moshe Garty

Affiliation

Recanati Center for Medicine and Research, Petah Tikva, Israel. dreytancohen@gmail.com

Abstract

BACKGROUND: There is a striking increase in the number of people with metabolic syndrome (MetS) as a result of the global epidemic of obesity and diabetes. Increasing evidence suggests that uric acid may play a role in MetS.

 

OBJECTIVES: To assess the prevalence of MetS in a large cohort from Israel and its association with hyperuricemia using the latest three definitions of MetS.

 

METHODS: We conducted a retrospective analysis of the database from a screening center in Israel, using the revised National Cholesterol Education Program Adult Treatment Panel III (NCEP ATP III), the International Diabetes Federation (IDF) and the Harmonizing definitions of MetS, to assess 12,036 subjects with an age range of 20-80 years.

 

RESULTS: The mean age of the study sample was 46.1 +/- 10.2 years and 69.8% were male. The prevalence of MetS was 10.6%, 18.2% and 20.2% in the revised NCEP ATP III, the IDF and the Harmonizing definitions respectively. The prevalence of hyperuricemia in subjects with MetS, for all three MetS definitions, was similar: 20.0%, 19.9% and 19.1% respectively. There was a graded increase in the prevalence of MetS among subjects with increasing levels of uric acid. The increasing trend persisted after stratifying for age and gender and after multivariate analysis (P for trend (0.001).

 

CONCLUSIONS: This large cohort shows a high prevalence of MetS in Israel, but is still lower than the prevalence in western countries. Hyperuricemia is common in those subjects and might be considered a potential clinical parameter in the definition of MetS.

 

背景メタボリック症候群(MetS)のある人々の数の著しい増加が、肥満と糖尿病の世界的な流行の結果としてある。
増加している証拠は、尿酸がMetSで役割を果たす可能性があることを示唆する。
目的イスラエルとMetSの最新の3つの定義を使用している高尿酸血とのその関連から大きなコホートでMetSの有病率を評価すること。
方法20-80年の年齢の範囲で12,036人の被験者を評価するために、我々は修正された米国コレステロール教育プログラムAdult Treatment Panel III(NCEP ATP III)、国際糖尿病連合(IDF)とMetSのHarmonizing定義を用いてイスラエルのスクリーニング・センターから、データベースの後向き分析を行った。
結果研究検体の平均年齢は46.1 +/- 10.2歳であった、そして、69.8%は男性だった。
MetSの有病率は、それぞれ修正されたNCEP ATP III、IDFとHarmonizing定義の10.6%、18.2%と20.2%であった。
MetSをもつ被験者における高尿酸血の有病率は、全3つのMetS定義のために、同程度だった:それぞれ20.0%、19.9%と19.1%。
MetSの有病率の段階的な増加が、尿酸のレベルを上昇させることで、被験者の間であった。
増加している傾向は、年齢と性のために、そして、多変量解析の後層になった後に持続した(傾向のP (0.001)。
結論:この大きなコホートはイスラエルでMetSの高い有病率を示すが、西国の有病率よりさらに低い。
高尿酸血はそれらの被験者に普通にみられて、MetSの定義の潜在的臨床パラメータと考えられるかもしれない。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x