医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Safety of tumor necrosis factor inhibitors use for rheumatoid arthritis and ankylosing spondylitis in Africa, the Middle East, and Asia: focus on severe infections and tuberculosis.

関節リウマチの腫瘍壊死因子抑制薬用途の安全性とアフリカ、中東とアジアの強直性脊椎炎:重篤な感染症と結核への焦点調節。

Published date

2012-12-15

Author

Mohammed Hammoudeh, Abdurhman Alarfaj, Der-Yuan Chen, Hachemi Djoudi, Ehab Youseif, Jian Zhu

Affiliation

Hamad Medical Corporation, PO Box 3050, Doha, Qatar. mhamoudeh@hmc.org.qa

Abstract

Multiple studies of patients in Western countries with rheumatoid arthritis (RA) and ankylosing spondylitis (AS) have indicated increased risk for active tuberculosis (TB) and other infections among these individuals. It has also been consistently reported that patients receiving tumor necrosis factor (TNF) inhibitors for these conditions have higher rates of active TB and other infections than RA or AS patients not receiving these medications. These issues have been studied less extensively in the Asia and Africa-Middle East regions, and information from these regions is important because of higher rates of TB in the general population. This paper reviews studies of RA and AS patients from Asia, Africa, and the Middle East who received TNF inhibitors. A literature search was conducted using http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed to collect and report these data. The years included in the PubMed literature search ranged from January 2000 to October 2011. Additionally, information from the China Hospital Knowledge Database was used to report data from Chinese patients with RA and AS treated with TNF inhibitors. Results from these studies indicate that the risk for active TB and other infections in AS and RA patients from Asia, Africa, and the Middle East are increased in patients receiving TNF inhibitors and that the risk is higher among those treated with monoclonal antibodies versus soluble TNF receptor.

 

関節リウマチ(RA)と強直性脊椎炎(AS)をもつ西欧諸国の患者の複数の研究は、これらの個人の間で活動性結核(TB)と他の感染症のためにリスク増加を示した。
これらの状態に対して腫瘍壊死因子(TNF)抑制薬を投与されている患者がこれらの薬物の投与を受けたRAまたはAS患者よりでなく高い活動性結核と他の感染症の率を持つとも一貫して報告された。
これらの問題はアジアとアフリカ-中東領域でより広範囲に検討されなかった、そして、これらの地方からの情報は一般集団でTBのより高い率のため、重要である。
本論文は、アジア、アフリカとTNF抑制薬を受けた中東からRAとAS患者の研究を概説する。
文献検索は、これらのデータを集めて、報告するためにhttp://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmedを使用して行われた。
PubMed文献検索に含まれる年は、2000年1月から2011年10月の範囲だった。
その上、中国病院知識データベースからの情報は、中国のTNF抑制薬を用いた治療を受けるRAとAS患者からデータを報告するのに用いられた。
活動性結核のためのリスクとアジア、アフリカと中東からのASとRA患者における他の感染症がTNF抑制薬の投与を受けた患者で増加する、そして、リスクがモノクローナル抗体対可溶性のTNF受容体の治療を受けた患者の間でより高いことを、本研究からの結果は、示す。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x