医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Functional Autoradiography Shows Unaltered Cannabinoid CB1 Receptor Signalling in Hippocampus and Cortex of APP/PS1 Transgenic Mice.

機能性オートラジオグラフィは、アプリ/PS1トランスジェニックマウスの海馬と皮質で信号を送っている変更のないカンナビノイドCB1受容体を示す。

Published date

Journal

CNS Neurol Disord Drug Targets. 2012; 11; 1038-44;

Author

E Karkkainen, H Tanila, J T Laitinen

Affiliation

Hermanninaukio 9 B 5, Fi-70100 Kuopio, Finland. elisa.karkkainen@fimnet.fi.

Abstract

The cannabinoid CB1-receptor is among the most abundant G-protein-coupled receptors in the mammalian brain. Whereas post-mortem studies in Alzheimer's disease (AD) brains compared to age-matched controls have reported decreased CB1-receptor binding but no change in their protein levels (immunoreactivity), decreased or increased CB1- receptor protein levels have been reported in APP/PS1 transgenic mice modelling AD. To complete the picture, the present study used functional autoradiography to assess CB1-receptor-dependent Gi protein activation in the hippocampus, entorhinal cortex and medial frontal cortex of 13- to14-month-old female APPswe/PS1dE9 transgenic and wild-type littermate control mice. The mouse brains were processed for [35S]GTPλS autoradiography so that brain sections were analysed in pairs of one transgenic and one control mouse brain. The autoradiography protocol was completed for each pair both in the absence and presence of dithiotreitol (DTT) to reveal possible redox-dependent alterations in CB1 receptor function. Five treatments were used: baseline, incubation with 10 μM GTPλS to assess nonspecific binding, and CB1 receptor agonist CP55,940 in three concentrations. By and large we found no statistically significant differences between the APP/PS1 transgenic and control mice in CB1 receptor signalling. The only exception was a modest redox-dependent alteration in entorhinal cortical CB1 receptors between the genotypes. Thus, in accordance with the majority of earlier human AD findings, we did not find evidence for notable changes in the number of functional CB1 receptors in the common APPswe/PS1dE9 mouse model of AD.

 

カンナビノイドCB1-受容体は、哺乳類の脳で最も大量のGタンパク質結合型受容体の一つである。
年齢がマッチした対照と比較したアルツハイマー病(AD)頭脳に関する事実の分析研究ではそれらのタンパク質レベル(免疫活性)の変化以外の減少したCB1-受容体結合を報告しなかったか、減少しなかったか、CB1-受容体蛋白を増加させなかったのに対して、レベルはADをモデル化しているAPP/PS1トランスジェニックマウスで報告された。
画像を完成させるために、本研究は、トランスジェニック13- to14-月年をとった女性APPswe/PS1dE9と野生型同腹の子制御マウスの海馬、嗅内皮質と内側前頭皮質でCB1-受容体依存的なGiタンパク質活性化を評価するために、機能性オートラジオグラフィを使用した。
脳部がトランスジェニック1つの対と1つの制御マウス脳で分析されるように、マウス頭脳は[35S]GTPλSオートラジオグラフィのために処理された。
オートラジオグラフィ・プロトコルは、CB1受容体機能でありうるレドックス依存的な変更を明らかにするために、dithiotreitol(DTT)の欠如と存在で各対のために完了した。
5つの治療が使われた:3つの濃度のベースライン(非特異性の結合を評価する10μMのGTPλSによる潜伏)とCB1受容体アゴニストCP55,940。
概して、我々はCB1受容体でトランスジェニックAPP/PS1と制御マウスの統計的に有意な違いが信号を送っているのを発見しなかった。
唯一の例外は、遺伝子型の間の嗅内皮質CB1受容体の適度のレドックス依存的な変更であった。
このように、大多数の初期の人間のAD所見に従って、我々はADの一般のAPPswe/PS1dE9マウス・モデルで、機能的なCB1受容体の数の顕著な変化の証拠を見つけなかった。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x