医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Cost-effectiveness of duloxetine in chronic low back pain: a quebec societal perspective.

Published date

Cost-effectiveness of duloxetine in chronic low back pain: a quebec societal perspective.

慢性腰痛のデュロキセチンの費用効果:quebec社会の展望。

Published date

Author

Ronald Wielage, Megha Bansal, Kinsley Wilson, Robert Klein, Michael Happich

Affiliation

From *Medical Decision Modeling Inc., Indianapolis, IN †Eli Lilly Canada, Toronto, Ontario; and ‡Lilly Deutschland GmbH, Bad Homburg, Germany.

Abstract

STUDY DESIGN.: Cost-effectiveness model from a Quebec societal perspective using meta-analyses of clinical trials. OBJECTIVE.: To evaluate the cost-effectiveness of duloxetine in chronic low back pain (CLBP) compared with other post-first-line oral medications. SUMMARY OF BACKGROUND DATA.: Duloxetine has recently received a CLBP indication in Canada. The cost-effectiveness of duloxetine and other oral medications has not previously been evaluated for CLBP. METHODS.: A Markov model was created on the basis of the economic model documented in the 2008 osteoarthritis clinical guidelines of the National Institute for Health and Clinical Excellence. Treatment-specific utilities were estimated via a meta-analysis of CLBP clinical trials and a transfer-to-utility regression estimated from duloxetine CLBP trial data. Adverse event rates of comparator treatments were taken from the National Institute for Health and Clinical Excellence model or estimated by a meta-analysis of clinical trials in osteoarthritis using a maximum-likelihood simulation technique. Costs were developed primarily from Quebec and Ontario public sources as well as the published literature and expert opinion. The 6 comparators were celecoxib, naproxen, amitriptyline, pregabalin, hydromorphone, and oxycodone. Subgroup analyses and 1-way and probabilistic sensitivity analyses were performed. RESULTS.: In the base case, naproxen, celecoxib, and duloxetine were on the cost-effectiveness frontier, with naproxen the least expensive medication, celecoxib with an incremental cost-effectiveness ratio of $19,881, and duloxetine with an incremental cost-effectiveness ratio of $43,437. Other comparators were dominated. Key drivers included the rates of cardiovascular and gastrointestinal adverse events and proton pump inhibitor usage. In subgroup analysis, the incremental cost-effectiveness ratio for duloxetine fell to $21,567 for a population 65 years or older and to $18,726 for a population at higher risk of cardiovascular and gastrointestinal adverse events. CONCLUSION.: The model estimates that duloxetine is a moderately cost-effective treatment for CLBP, becoming more cost-effective for populations older than 65 years or at greater risk of cardiovascular and gastrointestinal events.Level of Evidence: 1.

 

研究デザイン臨床試験の展望研究を用いたケベック社会の遠近法からの費用効果モデル。
目的慢性腰痛(CLBP)でデュロキセチンの費用効果を評価することは、他のポスト一次経口薬に匹敵した。
背景DATA.の概要:デュロキセチンは、最近カナダでCLBP指示を受け入れた。
デュロキセチンと他の経口薬の費用効果は、CLBPのために以前に評価されなかった。
方法マルコフモデルは、国立健康と臨床優秀性研究所の2008本の骨関節炎臨床ガイドラインで記録される経済モデルを基礎として作成された。
治療に特有のユーティリティはCLBP臨床試験の展望研究を経て推定された、そして、有用性への移動退行はデュロキセチンCLBP試験データから見積もった。
コンパラトール治療の逆イベント発生率は、国立健康と臨床優秀性モデル研究所から引かれたか、最大尤推定法シミュレーション・テクニックを使用している骨関節炎で、臨床試験の展望研究によって推定された。
経費は、主にケベックとオンタリオ市民ソースならびに発表された文献と専門家の意見から発達した。
6つのコンパラトールは、セレコキシブ、ナプロキセン、アミトリプチリン、プレガバリン、ヒドロモルフォンとオキシコドンであった。
サブグループ分析と1方向および見込みに基づく感度解析は、行われた。
結果ベース症例において、ナプロキセン、セレコキシブとデュロキセチンが費用効果フロンティアであったこと、ナプロキセンで、最も安価な薬物、19,881ドルの増加する費用効果比率によるセレコキシブと増加する費用効果によるデュロキセチンは、43,437ドルの比率で表す。
他のコンパラトールは支配された。
キー・ドライバーは、心血管および胃腸有害事象とプロトンポンプ阻害剤使用の率を含めた。
サブグループ分析において、デュロキセチンのための増加する費用効果比率は、65歳以上の集団のための21,567ドルまで、そして、心血管および胃腸有害事象のより高いリスクの集団のための18,726ドルまで減少した。
結論モデルはデュロキセチンがCLBPの中等度に費用効果的な治療であると推定する。
そして、65年より古い集団のために、または、証拠の心血管および胃腸events.Levelのより大きなリスクでより費用効果的になる:1.

460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x