医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Effect of hypoglycemic agents on ischemic preconditioning in patients with type 2 diabetes and symptomatic coronary artery disease.

2型糖尿病と症候性冠動脈疾患患者における虚血プレコンディショニングの上の血糖降下薬の作用。

Published date

2012-12-18

Author

Rosa Maria Rahmi, Augusto Hiroshi Uchida, Paulo Cury Rezende, Eduardo Gomes Lima, Cibele Larrosa Garzillo, Desiderio Favarato, Celia M C Strunz, Myrthes Takiuti, Priscyla Girardi, Whady Hueb, Roberto Kalil Filho, José A F Ramires

Affiliation

Department of Atherosclerosis, Heart Institute of the University of São Paulo, São Paulo, Brazil.

Abstract

OBJECTIVE: To assess the effect of two hypoglycemic drugs on ischemic preconditioning (IPC) patients with type 2 diabetes and coronary artery disease (CAD).

 

RESEARCH DESIGN AND METHODS: We performed a prospective study of 96 consecutive patients allocated into two groups: 42 to group repaglinide (R) and 54 to group vildagliptin (V). All patients underwent two consecutive exercise tests (ET1 and ET2) in phase 1 without drugs. In phase 2, 1 day after ET1 and -2, 2 mg repaglinide three times daily or 50 mg vildagliptin twice daily was given orally to patients in the respective group for 6 days. On the seventh day, 60 min after 6 mg repaglinide or 100 mg vildagliptin, all patients underwent two consecutive exercise tests (ET3 and ET4).

 

RESULTS: In phase 1, IPC was demonstrated by improvement in the time to 1.0 mm ST-segment depression and rate pressure product (RPP). All patients developed ischemia in ET3; however, 83.3% of patients in group R experienced ischemia earlier in ET4, without significant improvement in RPP, indicating the cessation of IPC (P < 0.0001). In group V, only 28% of patients demonstrated IPC cessation, with 72% still having the protective effect (P < 0.0069).

 

CONCLUSIONS: Repaglinide eliminated myocardial IPC, probably by its effect on the KATP channel. Vildagliptin did not damage this protective mechanism in a relevant way in patients with type 2 diabetes and CAD, suggesting a good alternative treatment in this population.

 

目的虚血プレコンディショニング(IPC)2型糖尿病と冠動脈疾患(CAD)患者の上で2つの血糖降下剤の作用を評価すること。


調査計画と方法:我々は、2つの群に割り当てられる96人の連続した患者の前向き研究を実行した:群レパグリニド(R)に対する42と群ビルダグリプチン(V)に対する54。
すべての患者は、薬なしで第1相に2連続運動負荷試験(ET1とET2)を受けた。
第2相には、ET1と-2の1日後に、毎日3回2mgのレパグリニドまたは50mgのビルダグリプチンは、6日の間それぞれの群で患者に1日2回経口投与された。
7日目に、6mgのレパグリニドまたは100mgのビルダグリプチンの60分後に、すべての患者は、2連続運動負荷試験(ET3とET4)を受けた。


結果第1相には、IPCは1.0mmのST部分の低下と率圧製品(RPP)の時間の改善によって示された。
すべての患者は、ET3で虚血を現した;しかしながら、IPC(P < 0.0001)の停止を示して、RPPの有意の改善なしで、群Rの患者の83.3%は、ET4の初期に、虚血を経験した。
群Vにおいて、まだ保護作用(P < 0.0069)を持っている72%で、患者のわずか28%は、IPC停止を示した。


結論:おそらくKATPチャネルに対するその効果によって、レパグリニドは心筋IPCを除去した。
ビルダグリプチンは2型糖尿病とCAD患者で関連した方向でこの防御機構に打撃を与えなかった。
そして、この集団で良好な代替治療を示唆した。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x