PubMed日本語 - korean大うつ病性障害患者における悪心に対する最初のデュロキセチン投薬戦略の効果。―QLifePro医療翻訳医療翻訳 QLifePro

医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

The effect of initial duloxetine dosing strategy on nausea in korean patients with major depressive disorder.

korean大うつ病性障害患者における悪心に対する最初のデュロキセチン投薬戦略の効果。

Published date

2012-11-14

Author

Min-Soo Lee, Yong Min Ahn, Seockhoon Chung, Richard Walton, Joel Raskin, Mun Sung Kim

Affiliation

Department of Psychiatry, Korea University College of Medicine, Seoul, Republic of Korea.

Abstract

OBJECTIVE: To assess the relative severity of nausea in patients from Korea with major depressive disorder (MDD) who were treated with duloxetine at low (30 mg) or high (60 mg) doses, with or without food, for the first week of an 8 week treatment.

 

METHODS: Adult patients (n=249), with MDD and a 17-item Hamilton Rating Scale for Depression (HAMD(17)) score of ≥15, received open-label once daily duloxetine. At Week 0, patients were randomized to 4 groups: 30 mg with food (n=63), 60 mg with food (n=59), 30 mg without food (n=64), and 60 mg without food (n=63). At Week 1, all patients switched to duloxetine 60 mg for 7 weeks. The primary outcome measure was item 112 (nausea) of the Association for Methodology and Documentation in Psychiatry adverse event scale. Effectiveness was assessed by change in HAMD(17) total score.

 

RESULTS: Overall, 94.4% (235/249) of patients completed Week 1 and 55.0% (137/249) of patients completed the study. For Week 1, nausea was significantly less severe for patients who received 30 mg compared with 60 mg duloxetine (p=0.003), regardless of food intake. In all groups, nausea severity was highest at Week 1 and declined throughout the study. HAMD(17) score was reduced in all groups and the most common adverse event reported was nausea (145/249; 58.2%).

 

CONCLUSION: To minimize nausea, Korean patients with MDD who require duloxetine treatment could be given 30 mg once daily, regardless of food, for the first week followed by 60 mg once daily for the course of therapy.

 

目的低い(30mg)か高い(60mg)用量でデュロキセチンを用いた治療を受けた大うつ病性障害(MDD)で韓国から患者で悪心の相対的な重症度を評価すること。
(8週間の治療の第1の週の間、食物の有無にかかわらない)方法成人患者(n=249)は、MDDと≥15の17-項目ハミルトン鬱病評価尺度(HAMD(17))スコアで、非盲検一回日々のデュロキセチンを投与された。
Week 0で、患者は4つの群にランダム化された:食物(n=63)による30mg、食物(n=59)による60mg、食物(n=64)のない30mgと食物(n=63)のない60mg。
Week 1で、すべての患者は、7週の間デュロキセチン60mgへ切り替えた。
主要評価尺度は、Methodologyのための連合とPsychiatry有害事象スケールのDocumentationの項目112(悪心)であった。
効果は、HAMD(17)総量スコアの変化によって評価された。
結果全体として、患者の94.4% (235/249)はWeek 1を完了した、そして、患者の55.0% (137/249)は本研究を完了した。
Week 1のために、食物摂取に関係なく、悪心は60mgのデュロキセチン(p=0.003)と比較して30mgを受けた患者のために有意により激しくなかった。
すべての群において、悪心重症度はWeek 1で最も高くて、本研究の全体を通じて減少した。
HAMD(17)スコアはすべての群で低下した、そして、報告される最も頻度が高い有害事象は悪心であった(145/249;58.2%)。
結論悪心を最小化するために、食物に関係なく、デュロキセチン治療を必要とするMDDを有する韓国の患者は1日1回30mgを与えられることができた、治療のコースのために1日1回60mgが続く第1の週の間。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x