医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Linoleic acid induces opening of connexin26 hemichannels through a PI3K/Akt/Ca(2+)-dependent pathway.

リノール酸は、(2+)-依存的なPI3K/Akt/Ca経路を通してconnexin26ヘミチャンネルの開口部を誘導する。

Published date

2012-12-19

Author

Vania Figueroa, Pablo J Sáez, José D Salas, Daniela Salas, Oscar Jara, Agustín D Martínez, Juan C Sáez, Mauricio A Retamal

Affiliation

Departamento de Fisiología, Pontificia Universidad Católica de Chile, Santiago, Chile.

Abstract

Connexin hemichannel (Cx HC) opening is involved in physiological and pathological processes, allowing the cellular release of autocrine/paracrine signaling molecules. Linoleic acid (LA) is known to modulate the functional state of connexin46 (Cx46) HCs. However, the molecular mechanism involved in this effect, or whether LA affects HCs constituted of other connexins, remains unknown. Here, we report the effects of LA on HCs in HeLa cells that express Cx26, one of the main Cxs in the cochlear sensory epithelium. Cx26 HC activity (dye uptake) was increased in a concentration-dependent manner by bath application of LA and inhibited by HC blockers. Moreover, intracellular BAPTA, a Ca(2+) chelator, and PI3K/AKT inhibitors were found to reduce the LA-induced Cx26 HC opening, suggesting that the LA effect is mediated by an increase of free intracellular Ca(2+) concentration and activation of the PI3K/Akt-dependent pathway. The LA-induced increase in free intracellular Ca(2+) concentration was mainly due to Ca(2+) influx through Cx26 HCs. In addition, the involvement of SH groups was ruled out, because dithiothreitol (DTT) did not block the LA-induced dye uptake. LA also increased the membrane current mediated by Cx26 HCs expressed in Xenopus oocytes and the dye uptake in HeLa cells expressing Cxs 32, 43 or 45. Since LA is an essential polyunsaturated fatty acid, its effect on HCs might be relevant to cell growth as well as to cellular functions of differentiated cells such as audition.

 

開いているコネキシン・ヘミチャンネル(Cx HC)は生理的および病理学的プロセスに関与している。
そして、自己分泌/パラクリンの細胞遊離が分子に合図しているのを許す。
リノール酸(LA)がconnexin46(Cx46)HCsの機能的な国を調整するということは、知られている。
しかしながら、この効果に関係する分子機構、またはLAが他のコネキシンから成るHCsに影響を及ぼして、わかっていないかどうかにかかわらず。
ここでは、我々は、Cx26(蝸牛感覚上皮の主Cxsの1つ)を表すヒーラ細胞で、HCsの上でLAの効果を報告する。
Cx26 HC活性(取り込みを染色する)は、LAの浴槽アプリケーションによって濃度依存的方法で増加して、HC遮断薬によって阻害された。
さらに、細胞内BAPTA、Ca(2+)キレート化剤とPI3K/AKT抑制薬が、開いていて、LA効果が自由な細胞内Ca(2+)濃度の増加とPI3K/Akt依存的な経路の活性化によって媒介されることを示唆しているLAによって誘発されたCx26 HCを低下させるとわかった。
自由な細胞内Ca(2+)濃度のLAによって誘発された増加は、主にCx26 HCsを通してCa(2+)流入によった。
加えて、ジチオスレイトール(DTT)がLAによって誘発された染料取り込みを妨害しなかったので、SH基の病変は除外された。
LAは、Cxs 32、43または45を表しているヒーラ細胞でツメガエル属卵母細胞と染料取り込みで表されるCx26 HCsによって媒介される膜電流も増加させた。
LAが基本的高度不飽和脂肪酸であるので、HCsに対するその効果はオーディションのような分化細胞の細胞機能にと同様に細胞成長に関連するかもしれない。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x