医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Sanitizer efficacy against murine norovirus, a surrogate for human norovirus, on stainless steel surfaces when using three application methods.

3つの塗布方法を使用するとき、ステンレス鋼のネズミ・ノロウイルス(ヒト・ノロウイルスの代用物)に対する殺菌剤有効性は浮上する。

Published date

2012-12-21

Author

Stephanie L Bolton, Grishma Kotwal, Mark A Harrison, S Edward Law, Judy A Harrison, Jennifer L Cannon

Affiliation

Department of Food Science and Technology, The University of Georgia, Athens, Georgia, USA. boltons@uga.edu

Abstract

Human noroviruses are major etiologic agents of epidemic gastroenteritis. Outbreaks are often accompanied by contamination of environmental surfaces, but since these viruses cannot be routinely propagated in laboratory cultures, their response to surface disinfectants is predicted by using surrogates, such as murine norovirus 1 (MNV-1). This study compared the virucidal efficacies of various liquid treatments (three sanitizer liquids, 5% levulinic acid plus 2% SDS [LEV/SDS], 200 ppm chlorine, and an isopropanol-based quaternary ammonium compound [Alpet D2], and two control liquids, sterile tap water and sterile tap water plus 2% SDS) when delivered to MNV-1-inoculated stainless steel surfaces by conventional hydraulic or air-assisted, induction-charged (AAIC) electrostatic spraying or by wiping with impregnated towelettes. For the spray treatments, LEV/SDS proved effective when applied with hydraulic and AAIC electrostatic spraying, providing virus reductions of 2.71 and 1.66 log PFU/ml, respectively. Alpet D2 provided a 2.23-log PFU/ml reduction with hydraulic spraying, outperforming chlorine (1.16-log PFU/ml reduction). Chlorine and LEV/SDS were equally effective as wipes, reducing the viral load by 7.05 log PFU/ml. Controls reduced the viral load by <1 log with spraying applications and by >3 log PFU/ml with wiping. Results indicated that both sanitizer type and application methods should be carefully considered when choosing a surface disinfectant to best prevent and control environmental contamination by noroviruses.

 

ヒト・ノロウイルスは、流行性胃腸炎の主要病原体である。
発生は環境表面の汚染をしばしば伴う、しかし、これらのウイルスが通常検査室培養で繁殖することができない時から、表面消毒薬に対するそれらの反応は代用物(例えばネズミ・ノロウイルス1(MNV-1))を用いて予測される。
本研究は、さまざまな液治療(3つの殺菌剤液体、2%のSDS[LEV/SDS]を加えた5%のレブリン酸、200ppmの塩素とイソプロパノール系四級アンモニウムは妥協する[Alpet D2]、そして、2つは2%のSDSに加えて液体、滅菌水道水と滅菌水道水を制御する)のウイルス破壊性有効性を比較したMNV-1予防接種をされて配達されるとき、ステンレス鋼が浮上してによって従前通りの水圧であるか空気の-助けられた、誘導に荷電された(AAIC)静電的な噴霧法、または、含浸されたペーパータオルで拭くことによって。
スプレー治療のために、水圧およびAAIC静電的な噴霧法で適用されるとき、LEV/SDSは効果的であると判明した。
そして、それぞれ2.71と1.66のログPFU/mlのウイルス減少を提供した。
Alpet D2は2.23ログPFU/ml減少に水圧噴霧法を供給した。
そして、塩素(1.16ログPFU/ml減少)を上回った。
拭くように、塩素とLEV/SDSは等しく効果的だった。
そして、7.05のログPFU/mlによってウイルス量を減らした。
対照は、噴霧法アプリケーションによる<1つのログによって、そして、ワイピングによる>3つのログPFU/mlによってウイルス量を減らした。
結果は、表面消毒薬をノロウイルスによって環境汚染を最も防止して、制御するために選ぶとき、殺菌剤型と塗布方法が慎重に考慮されなければならないことを示した。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x