医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Self-Monitoring of Blood Glucose in Noninsulin-Using Type 2 Diabetic Patients: Right answer, but wrong question: self-monitoring of blood glucose can be clinically valuable for noninsulin users.

Noninsulinを使用している2型糖尿病患者における血糖の自己点検:正常な答え、しかし、間違った質問:血糖の自己点検は、非インシュリン使用者のために臨床的に貴重でありえる。

Published date

Author

William H Polonsky, Lawrence Fisher

Affiliation

Corresponding author: William H. Polonsky, whp@behavioraldiabetes.org.

Abstract

Given the importance of glycemic control in the development of diabetes complications, the plethora of tools now available to monitor the day-to-day trends in glycemia is remarkable. In this regard, self-monitoring of blood glucose (SMBG) has been considered a key component of patient management. Arguably, there remains almost universal agreement that SMBG should be available to all diabetic patients regardless of current treatment strategy. However, recently there have been reports that have challenged the current paradigm that all patients should use SMBG and concluded that SMBG for type 2 diabetic patients not on insulin may not be beneficial on glycemic control and must be weighed against the expense and inconvenience. In the counterpoint narrative following the contribution by Malanda et al., Drs. Polonsky and Fisher provide a compelling argument suggesting that while it is evident that implementing SMBG in unstructured ways without training patients and clinicians is likely to be a waste of resources, there are effective and powerful ways to use structured SMBG in insulin-naïve type 2 diabetic patients. -William T. Cefalu, md Editor in Chief, Diabetes Care.

 

糖尿病合併症の発現で血糖管理の重要性を与えられて、現在糖血における日々の傾向をモニターするために利用可能なツールの多血は、著明である。
この点に関しては、血糖(SMBG)の自己点検は、患者処置のキー構成要素と考えられた。
おそらく、現在の治療戦略に関係なく、SMBGがすべての糖尿病患者が利用できなければならないというほぼ広範な合意は残る。
しかしながら、最近、すべての患者がSMBGを使用しなければならない現在のパラダイムに挑戦して、インシュリンの2型糖尿病患者のためのSMBGが血糖管理に関して有益でない場合があって、出費と不便と比較考量されてはならないと結論した報告が、あった。
Malandaその他による貢献後の対照的要素物語で、博士。
訓練患者と臨床医なしで構造化されていない方向でSMBGを実装することが資源の浪費でありそうであることが明白な間、インシュリン-naïve 2型糖尿病患者で構造SMBGを使用する有効および強力な方法があることを示唆している説得力のある議論を、ポロンスキーとフィッシャーは提供する。
-ウィリアムT. Cefalu、md編集長、糖尿病治療。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x