医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

EC(50) estimation of antioxidant activity in DPPH() assay using several statistical programs.

Published date 2012 Nov 12

EC(50) estimation of antioxidant activity in DPPH() assay using several statistical programs.

いくつかの統計プログラムを用いたDPPH()分析法の抗酸化剤活性のEC(50)評価。

Published date

2012-11-12

Author

Zheng Chen, Riccardo Bertin, Guglielmina Froldi

Affiliation

Department of Pharmacology and Anaesthesiology, University of Padova, Largo E. Meneghetti 2, 35131 Padova, Italy.

Abstract

DPPH() assay is a reliable method to determine the antioxidant capacity of biological substrates. The DPPH() radical scavenging activity is generally quantified in terms of inhibition percentage of the pre-formed free radical by antioxidants, and the EC(50) (concentration required to obtain a 50% antioxidant effect) is a typically employed parameter to express the antioxidant capacity and to compare the activity of different compounds. In this study, the EC(50) estimation was performed using a comparative approach based on various regression models implemented in six specialized computer programs: GraphPad Prism® version 5.01, BLeSq, OriginPro® 8.5.1, SigmaPlot® 12, BioDataFit® 1.02, and IBM SPSS Statistics® Desktop 19.0. For this project, quercetin, catechin, ascorbic acid, caffeic acid, chlorogenic acid and acetylcysteine were screened as antioxidant standards with DPPH() assay to define the EC(50) parameters. All the statistical programs gave similar EC(50) values, but GraphPad Prism® five-parameter analysis pointed out a best performance, also showing a minor variance in relation to the actual EC(50).

 

DPPH()分析は、生物学的基質の総抗酸化能を決定する信頼性が高い方法である。
活性を廃品の中から取り出しているDPPH()基は通常、抗酸化剤によって予め形成されたフリーラジカルの抑制パーセンテージに関して定量化される、そして、EC(50)(50%の酸化防止効果を得ることを要求される濃度)は総抗酸化能を表して、異なる合成物の活性を比較する典型的に使用されたパラメータである。
この研究において、EC(50)評価は、6つの専門コンピュータプログラムで実装されるさまざまな回帰モデルに基づく比較のアプローチを使用して行われた:GraphPad Prism®版5.01、BLeSq、OriginPro®8.5.1、SigmaPlot®12、BioDataFit®1.02とIBM SPSS Statistics®デスクトップ19.0。
このプロジェクトのために、クエルセチン、カテキン、アスコルビン酸、コーヒー酸、クロロゲン酸とアセチルシステインは、EC(50)パラメータを定義するDPPH()分析による抗酸化剤標準として選別された。
すべての統計プログラムは同程度のEC(50)値を与えた、しかし、GraphPad Prism®5-パラメータ分析は最善の成績を指し示した。
そして、また、実際のEC(50)に関して軽度の相違を示した。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x