医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Diabetes, Insulin Use, and Gastric Cancer: A Population-based Analysis of the Taiwanese.

Published date

Diabetes, Insulin Use, and Gastric Cancer: A Population-based Analysis of the Taiwanese.

糖尿病、インシュリン使用と胃癌:台湾人の人口に基づいた分析。

Published date

Author

Chin-Hsiao Tseng

Affiliation

*Department of Internal Medicine, National Taiwan University College of Medicine †Department of Internal Medicine, Division of Endocrinology and Metabolism, National Taiwan University Hospital, Taipei, Taiwan.

Abstract

BACKGROUND: : The association between diabetes and gastric cancer is rarely studied, and the risk associated with insulin use is not known.

 

MATERIALS AND METHODS: : Gastric cancer prevalence rates in 2005 were calculated in 329,198 insurants aged 45 years or older and without type 1 diabetes from a random sample of 1,000,000 insurants of the National Health Insurance in Taiwan. Logistic regression evaluated whether diabetes or insulin use could be an independent risk factor after adjustment for age, sex, occupation, and living region. Sensitivity analyses were performed by excluding patients with diabetes duration <5 years and by excluding patients with cancers other than gastric cancer.

 

RESULTS: : A total of 1464 cases of gastric cancer were identified. The prevalence of gastric cancer in diabetic and nondiabetic subjects were 595.0 and 387.7 per 100,000 population (P<0.0001), respectively. In diabetic patients, the respective prevalence of gastric cancer in insulin users and nonusers were 656.0 and 589.5 (P=0.4743). Adjusted odds ratio for diabetic versus nondiabetic subjects was 1.139 (1.022 to 1.270), and for insulin users versus nonusers in the diabetic patients was 1.002 (0.745 to 1.346). Age and male sex were also associated with significantly higher risk of gastric cancer, but the association with occupation and living region were not consistent. Results from sensitivity analyses were similar.

 

CONCLUSIONS: : Diabetic patients may have a 14% higher risk of gastric cancer. However, insulin use is not related to the increased risk.

 

背景:糖尿病と胃癌の間の関係はまれに検討される、そして、インシュリン使用と関連したリスクはわかっていない。
材料と方法::2005年の胃癌有病率は、45歳以上の329,198人の被保険者で、そして、台湾の国民健康保険の1,000,000人の被保険者の無作為標本からの1型糖尿病なしで算出された。
ロジスティック回帰は、糖尿病かインシュリン使用が年齢、性、占領と生活地域の調整の後の独立危険因子でありえるかどうか評価した。
感度解析は、<5年の糖尿病期間を有する患者を除外することによって、そして、胃癌以外の癌患者を除外することによって行われた。
結果:合計1464例の胃癌は、確認された。
糖尿病および非糖尿病性被験者における胃癌の罹患率は、それぞれ100,000の集団(P < 0.0001)595.0と387.7であった。
糖尿病患者において、インシュリン使用者と非使用者における胃癌のそれぞれの罹患率は、656.0と589.5で(P=0.4743)あった。
糖尿病の対非糖尿病性被験者の補正オッズ比は、1.139(1.022~1.270)であった、そして、インシュリンのために、糖尿病患者における使用者対非使用者は、1.002(0.745~1.346)であった。
時代と男性は、胃癌の有意により高いリスクとも関係していた、しかし、占領との関連と生活地域は、整合していなかった。
感度解析からの結果は、類似していた。
結論::糖尿病患者には、胃癌の14%より高いリスクがある可能性がある。
しかしながら、インシュリン使用は、リスク増加に関連がない。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x