医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Norovirus GII.4 Strain Emergence Correlates with Changes in Evolving Blockade Epitopes.

Published date 2012 Dec 26

Norovirus GII.4 Strain Emergence Correlates with Changes in Evolving Blockade Epitopes.

Norovirus GII.4株出現は、遮断エピトープを発展させることの変化と相関する。

Published date

2012-12-26

Journal

J Virol. 2012;

Author

Lisa C Lindesmith, Verónica Costantini, Jesica Swanstrom, Kari Debbink, Eric F Donaldson, Jan Vinjé, Ralph S Baric

Affiliation

Department of Epidemiology, University of North Carolina, Chapel Hill, NC.

Abstract

The major capsid protein of Norovirus GII.4 strains is evolving rapidly, resulting in epidemic strains with altered antigenicity. GII.4-2006 Minerva strains circulated at pandemic levels in 2006 and persisted at lower levels until 2009. In 2009, a new GII.4 variant, GII.4-2009 New Orleans, emerged and since then has become the predominant strain circulating in human populations. To determine if changes in evolving blockade epitopes correlate with the emergence of the GII.4.2009 New Orleans strains, we compared the antibody reactivity of a panel of mouse monoclonal antibodies (mAbs) against GII.4.2006 and GII.4.2009 virus-like particles (VLPs). Both anti-GII.4.2006 and GII.4.2009 mAbs effectively differentiated the two strains by VLP-carbohydrate ligand blockade assay. Most of the GII.4.2006 mAbs preferentially blocked GII.4.2006 while all of the GII.4.2009 mAbs preferentially blocked GII.4.2009, although eight out of twelve tested blockade mAbs blocked both VLPs. Using mutant VLPs designed to alter predicted antigenic epitopes, binding of seven of the blockade mAbs was impacted by alterations in Epitope A, identifying residues 294, 296, 297, 298, 368 and 372 as an important antigenic site in these strains. Convalescent serum collected from a GII.4.2009 outbreak confirmed the immunodominance of Epitope A, as alterations of Epitope A affected serum reactivity by 40%. These data indicate that the GII.4.2009 New Orleans variant has evolved a key blockade epitope, possibly allowing for at least partial escape from protective herd immunity and provide epidemiological support for the utility of monitoring changes in Epitope A in emergent strain surveillance.

 

Norovirus GII.4株の主要カプシド・タンパク質は急速に進化している。
そして、変えられた抗原性で流行株に帰着する。
GII.4-2006ミネルバ株は2006年に汎発性のレベルで循環して、2009年まで低次で持続した。
2009年に、新しいGII.4異型(GII.4-2009ニューオリンズ)は、現れて、それ以来、人間の集団を循環している優性株になった。
進展性遮断エピトープの変化がGII.4.2009ニューオリンズ株の出現と相関するかどうか決定するために、我々はGII.4.2006とGII.4.2009ウイルス様粒子(VLPs)に対して、マウス・モノクローナル抗体(mAb)のパネルの抗体反応性を比較した。
抗GII.4.2006とGII.4.2009 mAbは、VLP-炭水化物配位子遮断分析によって、2つの株を効果的に区別した。
GII.4.2009 mAbの全てがGII.4.2009を優先して遮断する間、大部分のGII.4.2006 mAbはGII.4.2006を優先して遮断した、しかし、12の検査された遮断mAb中8つは両方のVLPsを遮断した。
予測された抗原性エピトープを変えるように設計された変異体VLPsを使用して、遮断mAbの7つの結合は、Epitope Aで変更に影響を受けて、残り294、296、297、298、368と372をこれらの株の重要な抗原性部位と確認していた。
Epitope Aの変更が40%血清反応性に影響を及ぼしたので、GII.4.2009発生から集められる回復期血清はEpitope Aの免疫優位を確認した。
これらのデータはGII.4.2009ニューオリンズ異型が鍵となる遮断エピトープを発展させたことを示す、おそらく、被覆薬からの少なくとも部分的な脱出を考慮に入れることは免疫を集めて、疫学的サポートを緊急の株調査でEpitope Aの変化をモニターすることの有用性に提供する。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x