医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Arabidopsis Pumilio protein APUM5 suppresses Cucumber mosaic virus infection via direct binding of viral RNAs.

Published date 2012 Dec 26

Arabidopsis Pumilio protein APUM5 suppresses Cucumber mosaic virus infection via direct binding of viral RNAs.

シロイヌナズナPumilioタンパク質APUM5は、ウイルス・リボ核酸の直接の結合を経て、Cucumberモザイク・ウイルス感染を抑制する。

Published date

2012-12-26

Journal

Proc Natl Acad Sci U S A. 2012;

Author

Sung Un Huh, Min Jung Kim, Kyung-Hee Paek

Affiliation

School of Life Sciences and Biotechnology, Korea University, Sungbuk-gu, Seoul 136-701, Korea.

Abstract

Posttranscriptional/translational regulation of gene expression is mediated by diverse RNA binding proteins and plays an important role in development and defense processes. Among the RNA-binding proteins, the mammalian Pumilio RNA-binding family (Puf) acts as posttranscriptional and translational repressors. An Arabidopsis Puf mutant, apum5-D, was isolated during a T-DNA insertional mutant screen for mutants with reduced susceptibility to Cucumber mosaic virus (CMV) infection. Interestingly, CMV RNA contained putative Pumilio-homology domain binding motifs in its 3' untranslated region (UTR) and internal places in its genome. APUM5 directly bound to the 3' UTR motifs and some internal binding motifs in CMV RNAs in vitro and in vivo. We showed that APUM5 acts as a translational repressor that regulates the 3' UTR of CMV and affects CMV replication. This study uncovered a unique defense system that Arabidopsis APUM5 specifically regulates CMV infection by the direct binding of CMV RNAs.

 

転写後/翻訳上の発現調節は、多様なRNA結合蛋白質によって媒介されて、発生と防御プロセスにおいて重要な役割を果たす。
RNA結合蛋白質の間で、哺乳類のPumilio RNA結合家族(Puf)は、転写後および翻訳上のリプレッサーとして作用する。
シロイヌナズナPuf変異体(apum5-D)は、Cucumberモザイクウイルス(CMV)感染に対する減少した感染性で、変異体のためにT-DNA挿入変異体スクリーンの間、分離された。
興味深いことに、CMV RNAは、その3でモチーフを結合している推定のPumilio-相同領域を含んだ』そのゲノムの非翻訳領域(UTR)と体内の場所。
直接3に密接に結びつくAPUM5』UTRのモチーフとインビトロおよびインビボでCMV RNAの若干の体内の結合モチーフ。
我々は、APUM5が3を調整する翻訳上のリプレッサーとして作用することを示した』CMVのUTRと情動CMV複製。
本研究は、シロイヌナズナAPUM5がCMV RNAを直接に結合することによって特にCMV感染を調整する固有の防御システムを発見した。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x