医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

The rotavirus experience in Mexico: discovery to control.

Published date 2012 Dec 27

The rotavirus experience in Mexico: discovery to control.

メキシコのロタウイルス経験:制御に対する発見。

Published date

2012-12-27

Author

Manish M Patel, Umesh D Parashar, Mathuram Santosham, Vesta Richardson

Affiliation

National Center for Immunizations and Respiratory Diseases, Centers for Disease Control and Prevention, Atlanta, Georgia 30333, USA. aul3@cdc.gov

Abstract

The recent introduction of a rotavirus vaccine program in Mexico to control rotavirus disease, a common killer of children worldwide, has dramatically reduced the number of Mexican children dying and being hospitalized because of diarrhea. The successful introduction of a rotavirus vaccine program was preceded by several decades of focused research efforts to document the burden of disease and to generate the knowledge base to develop and deploy a vaccine. The postlicensure experience from Mexico demonstrates that evaluating the impact and safety of the vaccination program is vitally necessary for sustaining it. All in all, the immensely successful Mexico experience with control of rotavirus disease, if copied, could yield tremendously favorable results for children and parents worldwide.

 

ロタウイルス病(世界的に小児の一般的な死因)をおさえるメキシコのロタウイルス・ワクチン・プログラムの最近の導入は、死亡していて、下痢のため、入院しているメキシコの小児の数を激減させた。
ロタウイルス・ワクチン・プログラムの成功した導入は、疾患の負担を記録して、ワクチンを開発し配備するために知識ベースを生成する集中する研究努力の数十年の後にあった。
メキシコからのポスト開業免許経験は、予防接種プログラムの影響と安全性を評価することがそれを受けるためにきわめて必要なことを証明する。
全般的に見て、複製される場合、ロタウイルス病の制御に接した非常に成功したメキシコ経験は世界的に小児と両親のためにものすごく良好な結果を得ることができる。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x