医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Congenital lobar emphysema and intercostal drainage tube insertion: the common fate of an uncommon disease.

Published date

Congenital lobar emphysema and intercostal drainage tube insertion: the common fate of an uncommon disease.

先天性大葉性肺気腫と肋間ドレナージ管挿入:まれな疾患の一般の運命。

Published date

Author

Saurabh Kumar, P K Debata, R Gupta

Affiliation

Senior Resident at Department of Pediatrics, Safdarjung Hospital and VMMC , New Delhi, India.

Abstract

Congenital Lobar Emphysema (CLE) is one of the rare cystic malformations of the lung. This malformation is generally confused with pneumothorax of the lung and most often, the placement of an intercostal drainage tube is entertained in an emergency situation, but the non- improvement of the distress and non-expansion of the lung are eye openers for a treating paediatrician. We are describing a case of a 26 days old baby who presented with respiratory distress in the Emergency Department. On the basis of the chest X-ray (CXR), we suspected it to be a case of pneumothorax and an intercostal drainage tube was inserted. But as he did not improve, CT of the chest was done and the baby was diagnosed to have congenital lobar emphysema. In spite of the advanced diagnostic techniques, the diagnosis of CLE may present a diagnostic challenge and a high index of suspicion is needed if the diagnosis has to be made promptly.

 

先天性Lobar Emphysema(CLE)は、肺のまれな嚢胞性形成異常の1つである。
この形成異常は通常、肺の気胸と混同される、そして、多くの場合、肋間ドレナージ管の設置は緊急事態で楽しむ、しかし、苦痛のnon-改善と肺の非展開は治療を行う小児科医のための眼オープナーである。
我々は、Emergency部で呼吸窮迫を呈した26日齢乳児の症例を解説している。
胸部X線(CXR)を基礎として、我々はそれが気胸の症例であると思った、そして、肋間ドレナージ管は挿入された。
しかし、彼が改善されなかったので、胸部のCTはされた、そして、乳児は先天性大葉性肺気腫があるために診断された。
高度な診断技術にもかかわらず、CLEの診断は診断上の課題を提示する可能性がある、そして、診断がすぐになされなければならない場合、疑いの高度なインデックスが必要である。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x