医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

The abuse of multiple gastrointestinal antibiotics: a case report.

Published date

The abuse of multiple gastrointestinal antibiotics: a case report.

複数の胃腸抗生物質の濫用:症例報告。

Published date

Author

Bappaditya Chowdhury, Ramtanu Banerjee, Rudrajit Paul, Jayati Mondal, Sourav Ganguly

Affiliation

Senior Resident, Department of Psychiatry, Medical College Kolkata , 88, College Street, Kolkata 700 073, West Bengal, India.

Abstract

The abuse of non dependence producing substances has been rarely reported. However, this can be a significant social problem and it may complicate psychiatric disorders like the anxiety states. We are reporting here, a case of the prolonged abuse of multiple gastrointestinal antibiotics like metronidazole, mebendazole and albendazole. The patient had fortunately not developed any overt toxicity from the overuse of these drugs. He was diagnosed with the generalized anxiety disorder with the anankastic personality disorder. He responded favourably to paroxetine and is being maintained on psychotherapy. As far as we know, this is probably the first report of this kind of abuse from India.

 

非依存生成物質の濫用は、まれに報告された。
しかしながら、これは重大な社会問題でありえる、そして、それは不安状態の様な精神障害を難しくする可能性がある。
我々は、ここで報告している(メトロニダゾール、メベンダゾールとアルベンダゾールのような複数の胃腸抗生物質の長期間にわたる濫用の症例)。
患者は、少しの明白な毒性もこれらの薬の濫用から幸いにも発達させなかった。
彼は、強迫性人格障害で全般性不安障害と診断された。
彼は有利にパロキセチンに応えて、精神療法で生活を維持されている。
我々が知る限り、これは多分インドからのこの種の濫用の第1の報告であるだろう。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x