医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Carbon dioxide insufflation safety in double-balloon enteroscopy: An experimental animal study.

Published date 2012 Apr 26

この論文を読んでいる方は
こちらの論文も読んでいます。

Carbon dioxide insufflation safety in double-balloon enteroscopy: An experimental animal study.

二連球小腸鏡検査の二酸化炭素ガス注入安全性:実験的な動物試験。

Published date

2012-04-26

Author

Federico Soria, Octavio Lopez-Albors, Esther Morcillo, Carolina Martin, Ricardo Sarria, Pilar Esteban, Fernando Carballo, Enrique Perez-Cuadrado, Francisco M Sanchez, Rafael Latorre

Affiliation

Department of Endoscopy, Caceres, Spain.

Abstract

AIM: The aim of the present study was to assess the safety and efficacy of CO(2) during double-balloon enteroscopy (DBE) in an experimental animal model study. In this study, insufflation with room air and with CO(2) was compared.

 

METHODS: Twenty healthy swines were used. The animals were randomly allocated to two groups. The room air-DBE group was insufflated with room air, whereas the CO(2) -DBE group was insufflated with CO(2) . Endoscopy duration was 90 min. The following parameters were measured during the study (basal, 30 min, 60 min, 90 min): invasive hemodynamic parameters, ventilatory parameters, arterial blood gases, exploration depth, as well as biochemical tests. Residual gas was evaluated at the end of DBE, at 180 min and 24 h after DBE.

 

RESULTS: During the endoscopic exploration none of the animals showed hemodynamic, ventilatory or arterial blood gas alterations in the normal reference range for the swine species. The CO(2) group showed statistically significant differences over the room air group with lower post-procedure residual gas and greater depth of the small bowel explored.

 

CONCLUSION: The use of CO(2) for insufflation during DBE was safe and no complications associated with CO(2) were observed. In addition, the use of CO(2) offers benefits over the use of room air for insufflation during DBE.

 

目的:本研究の目的は、実験動物モデル検査で二重バルーン小腸鏡検査(DBE)の間、CO(2)の安全性および有効性を評価することになっていた。
この研究において、室内空気による、そして、CO(2)によるガス注入は、比較された。
方法20匹の健康なブタが使われた。
動物は、2つの群にランダムに割り当てられた。
室内空気-DBE群は室内空気で吹き入れられたが、CO(2)-DBE群はCO(2)で吹き入れられた。
内視鏡検査期間は90分であった。
そして、以下のパラメータは本研究(基礎の、30分、60分、90分)の間、測定された:侵入する血行動態パラメータ、換気パラメータ、動脈血ガス、探査深さならびに生化学的検査。
DBEの後の180分と24時間に、残留するガスは、DBE終了後評価された。
結果内視鏡探査の間、動物のいずれも、ブタ種のために正常なレファレンス・レンジで血行力学であるか、換気であるか、動脈の血液ガス変更を示さなかった。
CO(2)群は下のポスト処置残留するガスで室内空気群に関する統計的に有意な意見の相違を示した、そして、小腸のより大きな深さは調査した。
結論DBEの間のガス注入のためのCO(2)の使用は安全だった、そして、CO(2)と関連した合併症は観察されなかった。
加えて、CO(2)の使用は、DBEの間、ガス注入のために室内空気の使用について、有益性を提供する。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x