医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Political priority in the global fight against non-communicable diseases.

Published date

Political priority in the global fight against non-communicable diseases.

非感染症との全体的な戦いの政治的な優先権。

Published date

Author

Anthony Maher, Devi Sridhar

Affiliation

Faculty of Law, McGill University, Montreal, Quebec, Canada.

Abstract

BACKGROUND: The prevalence of non-communicable diseases (NCDs) - such as cancer, diabetes, cardiovascular disease, and chronic respiratory diseases - is surging globally. Yet despite the availability of cost-effective interventions, NCDs receive less than 3% of annual development assistance for health to low and middle income countries. The top donors in global health - including the Bill and Melinda Gates Foundation, the US Government, and the World Bank - together commit less than 2% of their budgets to the prevention and control of NCDs. Why is there such meagre funding on the table for the prevention and control of NCDs? Why has a global plan of action aimed at halting the spread of NCDs been so difficult to achieve?

 

METHODS: This paper aims to tackle these two interrelated questions by analysing NCDs through the lens of Jeremy Shiffman's 2009 political priority framework. We define global political priority as 'the degree to which international and national political leaders actively give attention to an issue, and back up that attention with the provision of financial, technical, and human resources that are commensurate with the severity of the issue'. Grounded in social constructionism, this framework critically examines the relationship between agenda setting and 'objective' factors in global health, such as the existence of cost-effective interventions and a high mortality burden. From a methodological perspective, this paper fits within the category of discipline configurative case study.

 

RESULTS: We support Shiffman's claim that strategic communication - or ideas in the form of issue portrayals - ought to be a core activity of global health policy communities. But issue portrayals must be the products of a robust and inclusive debate. To this end, we also consider it essential to recognise that issue portrayals reach political leaders through a vast array of channels. Raising the political priority of NCDs means engaging with the diverse ways in which actors express concern for the global proliferation of these diseases.

 

CONCLUSION: Ultimately, our political interactions amount to struggles for influence, and determining which issues to champion in the midst of these struggles - and which to disregard - is informed by subjectively held notions of the right, the good, and the just. Indeed, the very act of choosing which issues to prioritise in our daily lives forces us to evaluate our values and aspirations as individual agents against the shared values that structure the societies in which we live.

 

背景非感染症(NCD) ― 例えば癌、糖尿病、心血管疾患と慢性呼吸病 ― の罹患率は、全般的に急増している。
それでも、費用効果的な介入の有効性にもかかわらず、NCDは年間の開発援助の3%未満を低いおよび中間の収入国に、健康で受ける。
世界的な健康の最高の提供者は、それらの予算の2%未満をNCDの予防と管理に、一緒にゆだねる ― ビルとメリンダ・ゲイツ財団、アメリカ政府と世界銀行を含んでいる。
なぜ、そのような乏しい資金提供が、NCDの予防と管理のために、手術台にあるか?なぜ、NCDの伝播を止めることを目的とする動きの全体的な計画は、成し遂げるのがそれほど困難だったか?方法本論文は、ジェレミーShiffmanの2009の政治優先権フレームワークの水晶体によってNCDを分析することによってこれらの2つの相互関係のある質問に取り組むことを意図する。
我々は、全体的な政治的な優先権を『国際的および国民的政治指導者が能動的に問題に注意して、問題の重症度に相応している、財政的な、専門のおよびヒト資源の提供でその注意を後退させる程度』と定義する。
社会的構成主義に基づいて、このフレームワークは、課題設定の関係と世界的な健康(例えば費用効果的な介入と高度な死亡率負担の存在)における『客観的な』要因を批判的に調べる。
方法論的な展望から、本論文は規律構成的な症例研究のカテゴリーの範囲内で適合する。
結果我々は、戦略的な連絡 ― または問題描写の形の着想 ― が全体的な健康方針地域の中心的な活動であるべきであるというShiffmanのクレームを支持する。
しかし、問題描写は、強いおよび含んでいる議論の成果でなければならない。
この目的で、我々もそれを問題描写が巨大な多数のチャネルで政治指導者と連絡をとると認めることが重要であると思う。
NCDの政治的な優先権を上げることは、俳優がこれらの疾患の世界的な激増に対する懸念を表明する多様な方法とかみ合うことを意味する。
結論最後に、我々の政治的な相互作用は、影響といずれがこれらの闘争の最中にチャンピオンに出るか決定することのための争いに達する-そして、いずれを無視するべきか-右、利益と、正当なものの主観的に持たれた概念によって知らせる。
実際、我々の日常生活でどの問題を優先させるべきかについて選択することのまさしくその行為が、我々に我々が生きる社会を構築する共有値に対する個々の薬剤として我々の値と吸引を評価することを強制する。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x