医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

[New protein assay with improved tolerability to interferences].

Published date

[New protein assay with improved tolerability to interferences].

[改善された忍容性が干渉に対しある新しいタンパク質分析]。

Published date

Journal

Sheng Wu Gong Cheng Xue Bao. 2012; 28; 1130-8;

Author

Yuan Dong, Lingling Tang, Lin Lin, Shan Lu

Affiliation

Jiangsu Provincial Key Laboratory of Molecular Medicine, Nanjing Normal University College of Life Science, Nanjing 210046, Jiangsu, China.

Abstract

Routine protein assays are usually affected with various compounds, and we need to use different protein quantification protocol to deal with different interference. In order to simplify the procedure, we developed a new method, in which the components and concentrations of the reagents were modified mainly based on classic Folin-Ciocalteu's reagent for reducing the susceptibility to interfering substances. Standard curves of the new method were established with different levels of bovine serum albumin, and then, we assessed and evaluated the detectable wavelengths and stability. In particular, the tolerability to several interfering substances was analyzed by using cytolysis solutions containing different chemicals. Our data in this study show that the new method could be applied to detecting protein concentrations accurately, even in the presence of surfactants such as 10% sodium dodecyl sulfate (SDS), 2% NP-40, or 1% TrintonX-100, chelators of 25 mmol/L EDTA or 1 mmol/L Ethylene glycol bis (2-aminoethyl) tetraacetic acid (EGTA), reductants of 1 mmol/L Dithiothretol (DTT) orbeta-Mercaptoethanol (ME), or nitrogen-containing compounds of 0.5 mol/L ammonium sulphate or 4 mol/L urea. Taken together, these results indicate that the new approach significantly improves the tolerance to the interfering substances, which could be potentially useful in measuring the contents of proteins interfered with such substances.

 

日常的なタンパク質分析は通常さまざまな合成物で影響を受ける、そして、我々は異なる干渉に対処するために異なるタンパク質定量化プロトコルを使用する必要がある。
処置を単純化するために、我々は新しい方法を開発した。
そこにおいて、試薬の構成要素と濃度は主に感染性を妨害物質に下げるために古典的なフォリン-Ciocalteuの被験者に基づいて修正された。
新しい方法の標準曲線はウシ血清アルブミンの異なるレベルで確立された、そして、我々は検出可能な波長と安定性を評価して、評価した。
特に、いくつかの妨害物質に対する忍容性は、異なる化学物質を含んでいる細胞崩壊溶液を用いて分析された。
10%のドデシル硫酸ナトリウム(SDS)、2%のNP-40または1%のTrintonX-100(25mmol/lのEDTAまたは1mmol/lのEthyleneグリコール・ビス(2-アミノエチル)四酢酸(EGTA)のキレート化剤、1mmol/lのDithiothretol(DTT)orbetaMercaptoethanol(ME)の還元体または0.5モル/Lの硫酸アンモニウムまたは4モル/Lの尿素の窒素含有化合物)のような表面活性物質が認められる場合さえ、本研究の我々のデータは、新しい方法が正確にタンパク質濃度を検出することに適用されることができたことを示す。
まとめると、これらの結果は、新しいアプローチが妨害物質に対する耐性を有意に向上させることを示す、干渉されるタンパク質の内容を測定することに潜在的に役立つことがありえたそのような物質。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x