医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

A systematic review of ultrasonography in gout and asymptomatic hyperuricaemia.

Published date 2013 Jan 3

この論文を読んでいる方は
こちらの論文も読んでいます。

A systematic review of ultrasonography in gout and asymptomatic hyperuricaemia.

痛風と無症候性高尿酸血症の超音波検査の系統的再調査。

Published date

2013-01-03

Author

Priya V Chowalloor, Helen Isobel Keen

Affiliation

Department of Rheumatology, Royal Perth Hospital, Perth, Western Australia, Australia.

Abstract

Gout is one of the most common inflammatory arthritides. The literature reveals that management of this condition is often suboptimal. Imaging techniques, such as ultrasound (US), may assist in the diagnosis and management of gout and asymptomatic hyperuricaemia (AH). To undertake a systematic review evaluating US as an outcome tool in gout and asymptomatic hyperuricaemia, articles published in Medline and PubMed (1975-February 2012) were identified. Data was extracted and categorised into four different groups namely tophi, articular cartilage, soft tissue pathologies and bony changes, with a focus on validity, responsiveness, reproducibility and feasibility. Lesions reported in the literature include tophi, cartilage abnormalities, soft tissue lesions and erosions. US is able to detect tophi, using MRI as the gold standard, and is sensitive to change. The double contour sign seen overlying cartilage is specific to gout and sensitive to change. Synovial pathology is identified in gout, with some reporting intrasynovial hyperechogeneicity is suggestive of gout. US was less sensitive than MRI to cortical erosions in gout, but better than conventional radiography. Interobserver reliability when assessed ranged from fair to substantial agreement for soft tissue changes and was very good for assessing tophi, double contour and erosions. US is a promising tool which could be used in the diagnosis and management of gout. More studies are needed to assess responsiveness, reliability and feasibility.

 

痛風は、最も頻度の高い炎症性関節炎の1つである。
文献は、この状態の処置がしばしば最適以下のことを明らかにする。
映像技術(例えば超音波(US))は、診断と痛風と無症候性高尿酸血症(AH)の管理を支援する可能性がある。
痛風と無症候性高尿酸血症の結果ツールとしてUSを評価している系統的レビューを行うために、MEDLINEとPubMed(19752012年2月)で発表される論文は、特定された。
データは、4つの異なる群(すなわち、有効性、反応、再現性と実現可能性に焦点を合わせて、痛風結節、関節軟骨、軟部組織病理と骨変化)に得られて、分類された。
文献で報告される病変は、痛風結節、軟骨異常、軟部組織病変と浸食を含む。
USはゴールドスタンダードとしてMRIを用いて痛風結節を検出することが可能で、変化に影響される。
軟骨の上に横たわっているのを見られる二重輪郭徴候は、痛風に特有なおよび変化に影響される。
何人かが腱滑液鞘内過剰反響遺伝子性が痛風を示唆すると報告して、滑膜病理学は、痛風で同定される。
USは、痛風の皮質浸食に対するMRIより感受性が高くなくて、従来のX線撮影より良好だった。
フェアに軟部組織のための合意が変えて、痛風結節、二重像と浸食を評価して非常によかった要点の範囲にされて評価されるとき、観察者間の信頼性。
USは、診断と痛風の処置で使われることができた有望なツールである。
より多くの研究は、反応、信頼性と実現可能性を評価するために必要である。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x