医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

In silico and in vitro physicochemical screening of Rigidoporus sp. crude laccase-assisted decolorization of synthetic dyes--approaches for a cost-effective enzyme-based remediation methodology.

コンピュータで、そして、生体外で、Rigidoporus sp.原油の物理化学的なスクリーニングは、合成着色料 ― 費用効果的な酵素ベースの改善方法のためのアプローチ ― の脱色をラッカーゼ助けた。

Published date

2013-01-06

Author

S Sridhar, V Chinnathambi, P Arumugam, P K Suresh

Affiliation

R&D Division, Bharathiar University, Coimbatore, Tamil Nadu, India.

Abstract

The objective of this paper is to compare in silico data with wet lab physicochemical properties of crude laccase enzyme isolated from Rigidoporus sp. using wheat bran as solid substrate support towards dye decolorization. Molecular docking analysis of selected nine textile and non-textile dyes were performed using laccase from Rigidoporus lignosus as reference protein. Enzyme-based remediation methodology using crude enzyme enriched from solid state fermentation was applied to screen the effect of four influencing variables such as pH, temperature, dye concentration, and incubation time toward dye decolorization. The extracellular crude enzyme decolorized 69.8 % Acid Blue 113, 45.07 % Reactive Blue 19, 36.61 % Reactive Orange 122, 30.55 % Acid Red 88, 24.59 % Direct Blue 14, 18.48 % Reactive Black B, 16.49 % Reactive Blue RGB, and 11.66 % Acid Blue 9 at 100 mg/l dye concentration at their optimal pH at room temperature under static and dark conditions after 1 h of incubation without addition of any externally added mediators. Our wet lab studies approach, barring other factors, validate in silico for screening and ranking textile dyes based on their proximity to the T1 site. We are reporting for the first time a combinatorial approach involving in silico methods and wet lab-based crude laccase-mediated dye decolorization without any external mediators.

 

本論文の目的は、コンピュータでデータを染料脱色の方の固体基板サポートとして小麦ふすまを用いたRigidoporus sp.から分離される天然ラッカーゼ酵素の湿式の研究室物理化学的な特性と比較することである。
選択された9つの織物と非繊維染料の分子ドッキング分析は、比較蛋白質としてRigidoporus lignosusからラッカーゼを使用して行われた。
固体発酵から濃縮される天然酵素を用いた酵素ベースの改善方法は、変数(例えば染料脱色の方のpH、体温、染料濃度とインキュベーション時間)に影響して4の効果を遮蔽するために適用された。
細胞外天然酵素は、69.8%の酸性の青い113、45.07%の反応青い19、36.61%の反応オレンジ122(30.55%のアシッドレッド88、24.59%の直接的な青14、18.48%の反応ブラックB、16.49%の反応性青いRGBとどんな外部的に添加媒体の追加のない1時間の潜伏の後の静的および暗い条件の下の室温のそれらの最適pHの100mg/lの染料集中の11.66%の酸性の青9でも)を脱色した。
我々の湿式検査アプローチは、他の因子を除いて、T1部位のそれらの近くに基づく染料をスクリーニングとランキング織物のためにsilicoで確認する。
我々は、どんな外部の媒体なしででもコンピュータで方法と湿式研究室ベースの生のラッカーゼによって媒介される染料脱色を必要としている組合せのアプローチを初めて報告している。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x