医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Docosahexaenoic acid (DHA) attenuated paraquat induced lung damage in mice.

Published date

Docosahexaenoic acid (DHA) attenuated paraquat induced lung damage in mice.

ドコサヘキサエン酸(DHA)は、マウスでパラコートによって誘発された肺の損傷を軽減した。

Published date

Author

Jingjing Chen, Tao Zeng, Ye Bi, Zhixia Zhong, Keqin Xie, Xiulan Zhao

Affiliation

Institute of Toxicology, School of Public Health, Shandong University , Jinan, Shandong Province 250012 , China.

Abstract

Context: Accumulating evidences have proposed the critical roles of oxidative stress in the etiology of lung injury caused by paraquat (PQ). Docosahexaenoic acid (DHA) is an essential n-3 polyunsaturated fatty acid (PUFA), which has been proved to possess prominent antioxidative and anti-inflammatory effects. Objective: The aim of this study was to evaluate effects of DHA against acute lung injury (ALI) induced by PQ in mice. Materials and methods: Male Kunming mice were randomly divided into three groups: control group, PQ group, and PQ+DHA group (n = 24). The mice of PQ+DHA group received 500 mg/kg bodyweight DHA by gavage daily for consecutive 14 days. On day 8, the mice in PQ and PQ+DHA groups received a single oral dose of 50 mg/kg bodyweight PQ. All the mice were sacrificed on day 15. The myeloperoxidase (MPO) activities, levels of the malondialdehyde (MDA) and glutathione (GSH), and the 4-hydroxynonenal (4-HNE) and MDA modified proteins of lung were investigated. Results: DHA treatment significantly increased the survival rate of mice treated with PQ. Pulmonary MPO activities and MDA contents were elevated in the mice of the PQ group, while the GSH level was reduced. Furthermore, levels of 4-HNE and MDA modified protein in lungs of the PQ group mice were significantly increased. All the above changes were significantly inhibited by DHA pretreatment. Morphological examination revealed that DHA effectively attenuated the hyperemia, edema of ALI induced by PQ. Conclusion: These results demonstrated that DHA could effectively attenuate PQ-induced ALI in mice probably via its antioxidant activity.

 

脈絡:蓄積している証拠は、パラコート(PQ)に起因する肺損傷の病因で、酸化ストレスの重要な役割を提案した。
ドコサヘキサエン酸(DHA)は基本的n-3高度不飽和脂肪酸(PUFA)である。
そして、それは顕著な抗酸化性および抗炎症効果を備えているために証明された。
目的本研究の目的は、マウスでPQによって誘発される急性肺損傷(ALI)に対してDHAの効果を評価することであった。
材料と方法:雄の昆明マウスは、3つの群にランダムに分けられた:対照群、PQ群とPQ+DHA群(n = 24)。
PQ+DHA群のマウスは、連続的な14の日に毎日胃管による強制栄養によって500mg/kgの体重DHAを受けた。
8日目に、PQとPQ+DHA群のマウスは、50mg/kgの体重PQの単回経口投与を受けた。
すべてのマウスは、15日目に殺された。
ミエロペルオキシダーゼ(MPO)活性、マロンジアルデヒド(MDA)とグルタチオン(GSH)のレベル、そして、4-hydroxynonenal(4HNE)、そして、肺のMDA修飾タンパク質は、調査された。
結果DHA治療は、PQで治療を受けるマウスの生存率を有意に上昇させた。
GSHレベルが低下する間、肺MPO活動とMDA内容はPQ群のマウスで上昇した。
さらにまた、4HNEのレベルとPQ群マウスの肺のMDA修飾タンパク質は、有意に増加した。
すべての上記の変化は、DHA前処置によって有意に阻害された。
形態学的な検査でDHAが充血を効果的に軽減することが分かった。
そして、ALIの浮腫がPQによって誘発された。
結論これらの結果は、DHAがその抗酸化剤活性を経て多分マウスでPQによって誘発されたALIを効果的に減弱することができるだろうことを証明した。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x