医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Lifestyle-related biomarkers and endometrial cancer survival: elevated gamma-glutamyltransferase as an important risk factor.

生活様式関連の生物マーカーと子宮内膜癌生存:重要な危険因子としての高いγ‐グルタミルトランスフェラーゼ。

Published date

2013-01-05

Author

Michael Edlinger, Nicole Concin, Hans Concin, Gabriele Nagel, Hanno Ulmer, Georg Göbel

Affiliation

Department of Medical Statistics, Informatics and Health Economics, Innsbruck Medical University, Austria. Michael.Edlinger@i-med.ac.at

Abstract

BACKGROUND: Lifestyle seems to play an important role in endometrial cancer mortality, but it remains unclear which biomarkers are involved. The aim of this study was to assess the extent of the association between lifestyle-related biomarkers and the survival of endometrial cancer patients.

 

METHODS: A sub-cohort of 242 endometrial cancer patients, from a population-based study of the more than 90,000 female participants of the Vorarlberg Health Monitoring and Promotion Programme, was followed for a median duration of twelve years. Besides age, tumour staging, and histology, also pre-diagnostic levels of body mass index, blood pressure, triglycerides, total cholesterol, glucose, gamma-glutamyltransferase (GGT), and serum uric acid were analysed in Cox proportional hazards regression models to estimate multivariate mortality risks.

 

RESULTS: During follow-up 89 deaths occurred of which 49 were cancer-related. Survival was associated with age, tumour stage, and histology. Of the biomarkers, log10-transformed GGT showed a large effect on cancer-related mortality (HR = 3.35, 95% CI 1.12-10.03), whereas the other parameters did not appear with significant effects after adjustment for the other factors.

 

CONCLUSION: Elevated level of GGT, a lifestyle-related marker, was associated with poor survival among endometrial cancer patients.

 

背景生活様式は子宮内膜癌死亡率において重要な役割を果たすようである、しかし、どの生物マーカーが含まれるかは不明なままである。
本研究の目的は、生活様式関連の生物マーカーと子宮内膜癌患者の生存の間の関係の範囲を評価することになっていた。


方法242例の子宮内膜癌患者の下位コホートは、Vorarlberg健康管理と促進プログラムの90,000人以上の女性の参加者の人口に基づいた研究から、12年の長さの中央値の間追従された。
年齢、腫瘍病期と組織学の他に、また、体格指数、血圧、トリグリセリド、総コレステロール、ブドウ糖、γ‐グルタミルトランスフェラーゼ(GGT)と血清尿酸の予め診断レベルは、多変量死亡率リスクを推定するために、コックス比例危険回帰モデルで分析された。


結果追跡調査の間、49が癌に関した89の死亡は、起こった。
生存は、年齢、腫瘍の病期と組織学と関係していた。
生物マーカーの、log10変わるGGTは癌関連の死亡率(HR = 3.35、95%CI 1.12-10.03)に対する大きい効果を示したが、他のパラメータは他の因子の調整の後有意の効果で現れなかった。


結論GGT(生活様式関連の標識)の高いレベルは、子宮内膜癌患者の間で劣った生存と関係していた。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x