医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Bisphosphonate-related osteonecrosis of the jaws. A severe side effect of bisphosphonate therapy.

顎のビスホスホネート関連の骨壊死。ビスホスホネート治療の重篤な副作用。

Published date

Journal

Acta Medica (Hradec Kralove). 2012; 55; 111-5;

Author

Zuzana Janovská

Affiliation

Department of Dentistry, Charles University in Prague, Faculty of Medicine and University Hospital, Hradec Králové, Czech Republic. janovani@centrum.cz

Abstract

Bisphosphonates (BP) are potent inhibitors of bone resorption used mainly in the treatment of metastatic bone disease and osteoporosis. By inhibiting bone resorption, they prevent complications as pathological fracture, pain, tumor-induced hypercalcemia. Even though patient's benefit of BP therapy is huge, various side effects may develop. Bisphosphonate-related osteonecrosis of the jaws (BRONJ) is among the most serious ones. Oncologic patients receiving high doses of BP intravenously are at high risk of BRONJ development. BPs impair bone turnover leading to compromised bone healing which may result in the exposure of necrotic bone in the oral cavity frequently following tooth extraction or trauma of the oral mucosa. Frank bone exposure may be complicated by secondary infection leading to osteomyelitis development with various symptoms and radiological findings. In the management of BRONJ, conservative therapy aiming to reduce the symptoms plays the main role. In patients with extensive bone involvement resective surgery may lead to complete recovery, provided that the procedure is correctly indicated. Since the treatment of BRONJ is difficult, prevention is the main goal. Therefore in high risk patients dental preventive measures should be taken prior to bisphosphonate administration. This requires adequate communication between the prescribing physician, the patient and the dentist.

 

ビスホスホネート(血圧)は、転移性骨疾患と骨粗鬆症の治療で主に使われる骨吸収の強力な抑制薬である。
骨吸収を阻害することによって、彼らは病的骨折、痛み、腫瘍によって誘発されたカルシウム過剰血として合併症を予防する。
血圧治療の患者の有益性が莫大な場合であっても、さまざまな副作用は発現する可能性がある。
顎(BRONJ)のビスホスホネート関連の骨壊死は、最も重大なものの一つである。
静注で血圧の高用量を受けているOncologic患者は、BRONJ発生のリスクが高い。
血圧は、口腔粘膜の抜歯または外傷の後、しばしば口腔で壊死の骨の暴露に帰着する場合がある易感染性骨創の治癒に至っている骨交代を損なう。
明らかな骨暴露は、さまざまな症状とX線所見で骨髄炎発生につながっている続発感染によって難しくなる可能性がある。
BRONJの処置において、症状を減らすことを意図している保存療法は、主要な役割を演ずる。
処置が正しく必要であるならば、広範囲な骨転移患者において、切除手術は完治につながる可能性がある。
BRONJの治療が難しいので、予防は主な目的である。
従って、高リスク患者において、歯の予防措置は、ビスホスホネート投与の前にとられなければならない。
これは、処方する医師、患者と歯科医の間の十分なコミュニケーションを必要とする。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x