医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Spirocerca lupi-associated vertebral changes: A radiologic-pathologic study.

血色食道虫関連の脊椎骨変化:放射線学的病理学検査。

Published date

2012-12-22

Author

Robert M Kirberger, Sarah J Clift, Erna van Wilpe, Eran Dvir

Affiliation

Department of Companion Animal Clinical Studies, Faculty of Veterinary Science, University of Pretoria, Private Bag X04, Onderstepoort, South Africa. Electronic address: robert.kirberger@up.ac.za.

Abstract

Spirocerca lupi causes a caudal esophageal mass in dogs which may be accompanied by aortic changes and caudal thoracic spondylitis. Previous literature hypothesized that the spondylitis was caused by either aberrant larval migration or was secondary to the inflammation caused by the aortic migration. The current study aimed to evaluate these hypotheses. Ten dogs of various breeds and ages with radiographic evidence of spondylitis, which were necropsied, had the affected vertebrae removed and prepared for light and transmission electron microscopy examination. Transverse and sagittal sections of the ventral vertebrae were taken from 27 spondylitis and 8 spondylosis deformans lesions as well as from 8 normal vertebrae. Early spondylitis changes were characterized by periosteal woven new bone covered by hyperplastic periosteum with some involvement of the ventral longitudinal ligament. More mature lesions were characterized by nodules of denser trabecular bone and cartilage, also covered by hyperplastic periosteum and involved the ventral longitudinal ligament. It was difficult to distinguish the spondylitis and spondylosis deformans new bone. Inflammation was seen in five spondylitis cases (edema, lymphocytes, plasma cells, eosinophils and fibrin fibers). Spirocerca eggs were seen in one histologic section. This study shows that inflammation is mild and inconsistent in spirocercosis-induced spondylitis and that aberrant migration of the larvae or adults did not appear to be a predominant cause. Inflammatory mediators or osteoproliferative growth factors, which may be related to the primary esophageal lesion or to the worm itself, could be involved. This requires further investigation.

 

血色食道虫は、大動脈変化と尾部胸部の脊椎炎を伴う可能性があるイヌで、尾部食道腫瘤を引き起こす。
以前の文献は、脊椎炎がいずれの異所性幼虫の遊走にも起因したか、大動脈遊走に起因する炎症に続発したと仮定した。
本研究は、これらの仮説を評価することを意図した。
さまざまな種類の10匹のイヌと脊椎炎(それは検死を行われた)のX線撮影所見による年齢は、影響を受けた椎骨を取り出されて、光と透過型電子顕微鏡検査に備えた。
腹部椎骨の横断および矢状方向部分は、8本の正常な椎骨からと同様に27の脊椎炎と8つの変形性脊椎症病変からとられた。
初期の脊椎炎変化は、腹部縦靭帯の若干の病変で過形成性骨膜によってカバーされる骨膜編まれた新しい骨によって特徴づけられた。
より成熟した病変はより密度の高い骨小柱と軟骨の小結節によって特徴づけられて、また、過形成性骨膜によってカバーして、腹部縦靭帯を侵した。
脊椎炎と変形性脊椎症新しい骨を区別することは、難しかった。
炎症は、5つの脊椎炎症例(浮腫、リンパ球、プラスマ細胞、好酸球とフィブリン線維)で見られた。
Spirocerca卵子は1つの組織切片で見られた。
本研究が炎症がspirocercosisによって誘発された脊椎炎で軽度のおよび矛盾していることを示す、そして、幼虫の異常な移動または成人が優性原因であるように見えなかった。
炎症伝達物質または骨増殖成長因子(それは原発性食道病変に、または、虫自体に関連がある場合がある)は複雑になることができた。
これは更なる調査を必要とする。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x