医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Transitions of care in anticoagulation management for patients with atrial fibrillation.

Published date

この論文を読んでいる方は
こちらの論文も読んでいます。

Transitions of care in anticoagulation management for patients with atrial fibrillation.

心房細動患者のための抗凝固療法処置の治療の移行。

Published date

Author

Steven B Deitelzweig

Affiliation

Department of Hospital Medicine, Ochsner Clinic Foundation, New Orleans, LA.

Abstract

Thromboprophylaxis with oral anticoagulants (OACs) is an important but underused element of atrial fibrillation (AF) treatment. Reduction of stroke risk with anticoagulants comes at the price of increased bleeding risk. Patients with AF receiving anticoagulants require heightened attention with transition from one care setting to another. Patients presenting for emergency care of anticoagulant-related bleeding should be triaged for the severity and source of the bleeding using appropriate measures, such as discontinuing the OAC, administering vitamin K, when appropriate, to reverse warfarin-induced bleeding, or administering clotting factors for emergent bleeding. Reversal of OACs in patients admitted to the hospital for surgery can be managed similarly to patients with bleeding, depending on the urgency of the surgical procedure. Patients with AF who are admitted for conditions unrelated to AF should be assessed for adequacy of stroke risk prophylaxis and bleeding risk. Newly diagnosed AF should be treated in nearly all patients with either warfarin or a newer anticoagulant. Patient education is critically important with all anticoagulants. Close adherence to the prescribed regimen, regular international normalized ratio testing for warfarin, and understanding the stroke risk conferred by both AF and aging are goals for all patients receiving OACs. Detailed handoff from the hospitalist to the patient's primary care physician is required for good continuity of care. Monitoring by an anticoagulation clinic is the best arrangement for most patients. The elderly, or particularly frail or debilitated patients who are transferring to long-term care, need a detailed transfer of information between settings, education for the patient and family, and medication reconciliation. Communication and coordination of care among outpatient, emergency, inpatient, and long-term care settings are vital for patients with AF who are receiving anticoagulants to balance stroke prevention and bleeding risk.

 

経口抗凝血薬(OACs)による血栓予防は、心房細動(AF)治療の重要であるが、活用されていない要素である。
抗凝固剤による脳卒中リスクの減少は、増加した出血リスクの代価で来る。
抗凝固剤を受けているAFを有する患者は、1つの治療設定からもう一方への移行で、高められた注意を必要とする。
抗凝固剤関連の出血の救急看護のために現れている患者は、適切な計測を使用しているか、例えばOACを中止しているか、ワルファリンによって誘発された出血を逆転させるために、適当なときビタミンKを投与しているか、新興の出血のために凝固因子を投与している出血の重症度ともとのためのトリ老人でなければならない。
外科的手技の緊急性によって、手術のために入院する患者におけるOACsの反転は、出血患者に、同様に管理されることができる。
AFとは無関係な条件のために入院するAFを有する患者は、脳卒中リスク予防と出血リスクの適切性のために評価されなければならない。
新たに診断されたAFは、ワルファリンまたはより新しい抗凝固剤を有するほとんど全ての患者で治療を受けなければならない。
患者教育は、すべての抗凝固剤できわめて重要である。
処方された療法への近い付着、ワルファリンのための定期的な国際標準比試験と脳卒中リスクがAFと老化によって与えた理解は、OACsの投与を受けたすべての患者のための目的である。
病院主義者から患者の一次医療医への詳細なハンドオフは、治療の良好な連続性のために必要とされる。
抗凝固療法クリニックによるモニタリングは、大部分の患者のために最善の配置である。
年輩者または特に長期ケアに移っている、もろいか衰弱した患者は、設定の間の情報、患者および家族のための教育と薬物和解の詳細な転送を必要とする。
連絡と外来患者、非常事態、入院患者と長期ケア設定の間の治療の調整は、脳卒中予防と出血リスクのバランスをとるために抗凝固剤を受けているAFを有する患者のために不可欠である。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x