医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Serum uric Acid is associated with dietary and lifestyle factors in elderly women in suburban guangzhou in guangdong province of South china.

血清尿のAcidは、サウス磁器のguangdong行政区で、郊外のguangzhouで高齢の女性における食事のおよび生活様式要因と関係している。

Published date

Author

Z Xiong, C Zhu, X Qian, J Zhu, Z Wu, L Chen

Affiliation

L. Chen, Department of Cardiovascular Diseases, The Third Affiliated Hospital, Sun Yat-Sen University, Guangzhou 510630, China. Telephone: +86 20 85252168. Fax: +86 20 85252092. E-mail: linchenzssy@yahoo.com.cn (Lin Chen).

Abstract

Objectives: To estimate the prevalence of hyperuricemia and lifestyle risk factors for hyperuricemia in elderly women. Design: Cross-sectional study. Setting: The suburban area of Guangzhou, Guangdong province, China. Participants: The study included 856 Chinese women aged 60 to 102 years who received their annual health examinations in the suburban area of Guangzhou, South China in 2002. Measurements: Information on anthropometric measurements and lifestyle factors were obtained via a questionnaire processed by the attending physicians or nurses. Blood biochemistry was performed after subjects fasted for 8-14 h. Unconditional logistic regression analysis was used to investigate associations between hyperuricemia, meat intake quintiles, physical activity quintiles, and alcohol intake quintiles. Results: The prevalence of hyperuricemia in the studied population was 12.01%. Alcohol, meat and seafood consumption; being overweight or obese; hypertension; and abnormal triglyceride levels were strongly associated with a higher prevalence of hyperuricemia. Physical activity was inversely related to the prevalence of hyperuricemia. The odds ratios for hyperuricemia for quintiles of physical activity were 1.00, 0.74, 0.72, 0.63, and 0.55 (P<0.01). Conclusions: Our data suggest that the prevalence of hyperuricemia is high in elderly women in suburban Guangzhou in Guangdong province of South China. Obesity, meat and seafood intake and alcohol consumption are associated with a higher prevalence of hyperuricemia, whereas daily physical activity is inversely related to the prevalence of hyperuricemia.

 

目的高齢の女性で高尿酸血の有病率と高尿酸血の生活様式危険因子を推定すること。
デザイン断面調査。
施設広州(広東)行政区(中国)の郊外の地域。
参加者本研究は、広州(2002年の南中国)の郊外の領域でそれらの年次健康診査を受けた60~102年の856人の中国の女性を含んだ。
測定:人体計測的な測定と生活様式因子に関する情報は、主治医または看護婦によって処理されるアンケートを経て得られた。
被験者が8-14時間絶食したあと、血液生化学は実行された。
無条件のロジスティック回帰分析は、高尿酸血、肉の摂取量五分位数、身体活動五分位数とアルコール摂取五分位数の間の関係を調査するのに用いられた。
結果周到な集団の高尿酸血の有病率は、12.01%であった。
アルコール、肉とシーフードの消費;重量超過であるか太りすぎであること;高血圧;そして、異常な中性脂肪濃度は、高尿酸血のより高い有病率と強く関係していた。
身体活動は、高尿酸血の有病率に、反対に関連があった。
身体活動の五分位数のための高尿酸血のためのオッズ比は、1.00、0.74、0.72、0.63、および0.55(P < 0.01)であった。
結論:我々のデータは、高尿酸血の有病率が南中国の広東省の郊外の広州で高齢の女性で高いことを示唆する。
肥満、肉とシーフード摂取量とアルコール消費は高尿酸血のより高い有病率と関係しているが、日々の身体活動は高尿酸血の有病率に反対に関連がある。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x