医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Detection of Tumor Cell-Specific mRNA in the Peripheral Blood of Patients with Breast Cancer—Evaluation of Several Markers with Real-Time Reverse Transcription-PCR.

胸部癌&#8212を有する患者の末梢血の腫瘍細胞に特有のmRNAの検出;リアルタイム逆転写-PCRによるいくつかの標識の評価。

Published date

2013-01-08

Author

Ulrich Andergassen, Simone Hofmann, Alexandra C Kölbl, Christian Schindlbeck, Julia Neugebauer, Stefan Hutter, Verena Engelstädter, Matthias Ilmer, Klaus Friese, Udo Jeschke

Affiliation

Klinik und Poliklinik für Frauenheilkunde und Geburtshilfe Ludwig-Maximilians-Universitaet Muenchen, Campus Innenstadt, Maistraße 11, 80337 Munich, Germany. udo.jeschke@med.uni-muenchen.de.

Abstract

It is widely known that cells from epithelial tumors, e.g., breast cancer, detach from their primary tissue and enter blood circulation. We show that the presence of circulating tumor cells (CTCs) in samples of patients with primary and metastatic breast cancer can be detected with an array of selected tumor-marker-genes by reverse transcription real-time PCR. The focus of the presented work is on detecting differences in gene expression between healthy individuals and adjuvant and metastatic breast cancer patients, not an accurate quantification of these differences. Therefore, total RNA was isolated from blood samples of healthy donors and patients with primary or metastatic breast cancer after enrichment of mononuclear cells by density gradient centrifugation. After reverse transcription real-time PCR was carried out with a set of marker genes (BCSP, CK8, Her2, MGL, CK18, CK19). B2M and GAPDH were used as reference genes. Blood samples from patients with metastatic disease revealed increased cytokine gene levels in comparison to normal blood samples. Detection of a single gene was not sufficient to detect CTCs by reverse transcription real-time PCR. Markers used here were selected based on a recent study detecting cancer cells on different protein levels. The combination of such a marker array leads to higher and more specific discovery rates, predominantly in metastatic patients. Identification of CTCs by PCR methods may lead to better diagnosis and prognosis and could help to choose an adequate therapy.

 

上皮性腫瘍(例えば、乳癌)からの細胞がそれらの一次組織から分離して、血液循環に入ることを広く知られている。
我々は、原発性および転移性乳癌患者のサンプルの循環する腫瘍細胞(CTC)の存在が逆転写リアルタイムPCRによって多数の選択された腫瘍マーカー-遺伝子で検出されることができることを示す。
発表された業績の焦点は、健常な個人と補助の間の遺伝子発現と転移性乳癌患者(これらの差の正確な定量化でない)に差を認めることにある。
従って、全RNAは、密度勾配遠心沈殿法によって単核細胞の強化の後、健常な提供者の血液サンプルと原発性であるか転移性乳癌患者から分離された。
逆転写の後、リアルタイムPCRは、一組の標識遺伝子(BCSP、CK8、Her2、MGL、CK18、CK19)で実施された。
B2MとGAPDHが、参照遺伝子として使われた。
転移性疾患患者からの血液サンプルは、割に正常な血液サンプルに増加したサイトカイン遺伝子レベルを示した。
一つの遺伝子の検出も、逆転写リアルタイムPCRによってCTCを検出するのに十分でなかった。
ここで使われる標識は、異なるタンパク質レベルの上で癌細胞を検出している最近の検査に基づいて選択された。
主に転移の患者において、そのような標識配列の組合せは、より高いおよびより特定の発見率に至る。
PCR方法によるCTCの同定は、より良好な診断と予後につながる可能性があって、十分な治療を選択するのを助けることができた。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x