PubMed日本語 - オンラインからタイ強さを推論することは、行動を導いた。―QLifePro医療翻訳医療翻訳 QLifePro

医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Inferring tie strength from online directed behavior.

オンラインからタイ強さを推論することは、行動を導いた。

Published date

2013-01-02

Author

Jason J Jones, Jaime E Settle, Robert M Bond, Christopher J Fariss, Cameron Marlow, James H Fowler

Affiliation

Medical Genetics Division, University of California, San Diego, La Jolla, California, United States of America. jasonj@ucsd.edu

Abstract

Some social connections are stronger than others. People have not only friends, but also best friends. Social scientists have long recognized this characteristic of social connections and researchers frequently use the term tie strength to refer to this concept. We used online interaction data (specifically, Facebook interactions) to successfully identify real-world strong ties. Ground truth was established by asking users themselves to name their closest friends in real life. We found the frequency of online interaction was diagnostic of strong ties, and interaction frequency was much more useful diagnostically than were attributes of the user or the user's friends. More private communications (messages) were not necessarily more informative than public communications (comments, wall posts, and other interactions).

 

いくらかの社会的な接続は、他より強い。
人々には、友人だけでなく、親友もいる。
社会科学者は社会的な接続のこの特徴を長く認めた、そして、研究者はこの概念を参照する用語タイ力を多用する。
我々は、うまく現実の強いタイを特定するために、オンライン相互作用データ(とりわけ、フェイスブック相互作用)を使用した。
地上調査の情報は、使用者自身に実生活でそれらの最も親しい友人を指名するよう依頼することによって確立された。
我々はオンライン相互作用の頻度が強いタイで診断を確定するとわかった、そして、使用者または使用者の友人の属性であったより、相互作用頻度は診断によって非常に役立った。
より個人的な通信(メッセージ)が、公報活動(コメント、壁柱と他の相互作用)より必ずしも有益であるというわけではなかった。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x