PubMed日本語 - 3つのゲノム全体の関連からのデータを用いたerbb4とnrg1ハプロタイプの発見、確証と特徴描写は、精神分裂症の研究する。―QLifePro医療翻訳医療翻訳 QLifePro

医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Discovery, validation and characterization of erbb4 and nrg1 haplotypes using data from three genome-wide association studies of schizophrenia.

3つのゲノム全体の関連からのデータを用いたerbb4とnrg1ハプロタイプの発見、確証と特徴描写は、精神分裂症の研究する。

Published date

2013-01-03

Author

Zeynep Sena Agim, Melda Esendal, Laurent Briollais, Ozgun Uyan, Mehran Meschian, Luis Antonio Mendoza Martinez, Yongmei Ding, A Nazli Basak, Hilmi Ozcelik

Affiliation

Neurodegeneration Research Laboratory, Molecular Biology and Genetics Department, Bogazici University, Istanbul, Turkey.

Abstract

Schizophrenia is one of the most common and complex neuropsychiatric disorders, which is contributed both by genetic and environmental exposures. Recently, it is shown that NRG1-mediated ErbB4 signalling regulates many important cellular and molecular processes such as cellular growth, differentiation and death, particularly in myelin-producing cells, glia and neurons. Recent association studies have revealed genomic regions of NRG1 and ERBB4, which are significantly associated with risk of developing schizophrenia; however, inconsistencies exist in terms of validation of findings between distinct populations. In this study, we aim to validate the previously identified regions and to discover novel haplotypes of NRG1 and ERBB4 using logistic regression models and Haploview analyses in three independent datasets from GWAS conducted on European subjects, namely, CATIE, GAIN and nonGAIN. We identified a significant 6-kb block in ERBB4 between chromosome locations 212,156,823 and 212,162,848 in CATIE and GAIN datasets (p = 0.0206 and 0.0095, respectively). In NRG1, a significant 25-kb block, between 32,291,552 and 32,317,192, was associated with risk of schizophrenia in all CATIE, GAIN, and nonGAIN datasets (p = 0.0005, 0.0589, and 0.0143, respectively). Fine mapping and FastSNP analysis of genetic variation located within significantly associated regions proved the presence of binding sites for several transcription factors such as SRY, SOX5, CEPB, and ETS1. In this study, we have discovered and validated haplotypes of ERBB4 and NRG1 in three independent European populations. These findings suggest that these haplotypes play an important role in the development of schizophrenia by affecting transcription factor binding affinity.

 

精神分裂症は最も頻度が高いおよび複合神経精神障害の1つである。
そして、それは遺伝子および環境暴露量によって両方とも寄与される。
近年では、信号を送っているNRG1媒介ErbB4が、特にミエリン産生細胞、グリアと神経単位で、細胞腫瘍、分化と死亡のような多くの重要な細胞および分子プロセスを調整することが示される。
最近の関連研究はNRG1とERBB4のゲノム領域を露わにした。
そして、それは精神分裂症を呈する危険と有意に関係している;しかしながら、矛盾が異なった集団の間に所見の確証に関して存在する。
この研究において、我々は、前に特定された地方を確認して、ヨーロッパの被験者(すなわち、CATIE、GAINとnonGAIN)の上で行われるGWASから3つの独立データセットでロジスティック回帰モデルとHaploview分析を使用しているNRG1とERBB4の新しいハプロタイプを発見することを意図する。
我々は、CATIEとGAINデータセット(それぞれp = 0.0206と0.0095)で、染色体位置212,156,823と212,162,848の間にERBB4で1ブロックにつき有意な6kbを同定した。
NRG1において、有意な25kbの遮断は、32,291,552と32,317,192の間に、すべてのCATIE、GAINとnonGAINデータセット(p = 0.0005、0.0589と0.0143、それぞれ)で精神分裂症のリスクと関係していた。
有意に関連する地方の中に位置する遺伝的変異の微細な遺伝地図作成とFastSNP分析は、いくつかの転写制御因子(例えばSRY、SOX5、CEPBとETS1)のために、結合部位の存在を証明した。
この研究において、我々は3つの独立ヨーロッパの集団でERBB4とNRG1のハプロタイプを発見して、確認した。
これらの所見は、これらのハプロタイプが転写制御因子結合親和性に影響を及ぼすことによって精神分裂症の発現において重要な役割を果たすことを示唆する。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x