PubMed日本語 - 自然に感染した集団のHPV16血清陽性と以降のHPV16感染リスク:血清学的分析の比較。―QLifePro医療翻訳医療翻訳 QLifePro

医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

HPV16 seropositivity and subsequent HPV16 infection risk in a naturally infected population: comparison of serological assays.

自然に感染した集団のHPV16血清陽性と以降のHPV16感染リスク:血清学的分析の比較。

Published date

2013-01-02

Author

Shih-Wen Lin, Arpita Ghosh, Carolina Porras, Sarah C Markt, Ana Cecilia Rodriguez, Mark Schiffman, Sholom Wacholder, Troy J Kemp, Ligia A Pinto, Paula Gonzalez, Nicolas Wentzensen, Mark T Esser, Katie Matys, Ariane Meuree, Wim Quint, Leen-Jan van Doorn, Rolando Herrero, Allan Hildesheim, Mahboobeh Safaeian,

Affiliation

Division of Cancer Epidemiology and Genetics, National Cancer Institute, Bethesda, Maryland, United States of America.

Abstract

BACKGROUND: Several serological assays have been developed to detect antibodies elicited against infections with oncogenic human papillomavirus (HPV) type 16. The association between antibody levels measured by various assays and subsequent HPV infection risk may differ. We compared HPV16-specific antibody levels previously measured by a virus-like particle (VLP)-based direct enzyme-linked immunoassay (ELISA) with levels measured by additional assays and evaluated the protection against HPV16 infection conferred at different levels of the assays.

 

METHODOLOGY/PRINCIPAL FINDINGS: Replicate enrollment serum aliquots from 388 unvaccinated women in the control arm of the Costa Rica HPV vaccine trial were measured for HPV16 seropositivity using three serological assays: a VLP-based direct ELISA; a VLP-based competitive Luminex immunoassay (cLIA); and a secreted alkaline phosphatase protein neutralization assay (SEAP-NA). We assessed the association of assay seropositivity and risk of subsequent HPV16 infection over four years of follow-up by calculating sampling-adjusted odds ratios (OR) and HPV16 seropositivity based on standard cutoff from the cLIA was significantly associated with protection from subsequent HPV16 infection (OR = 0.48, CI = 0.27-0.86, compared with seronegatives). Compared with seronegatives, the highest seropositive tertile antibody levels from the direct ELISA (OR = 0.53, CI = 0.28-0.90) as well as the SEAP-NA (OR = 0.20, CI = 0.06, 0.64) were also significantly associated with protection from HPV16 infection.

 

CONCLUSIONS/SIGNIFICANCE: Enrollment HPV16 seropositivity by any of the three serological assays evaluated was associated with protection from subsequent infection, although cutoffs for immune protection were different. We defined the assays and seropositivity levels after natural infection that better measure and translate to protective immunity.

 

背景いくつかの血清学的分析は、抗体が腫瘍形成のヒトパピローマウイルス(HPV)型16で感染症に対して引き出されるのを見つけるために展開された。
さまざまな分析と以降のHPV感染リスクで測定される抗体レベルの間の関係は、異なる可能性がある。
我々は、以前、レベルによる(VLP)-ベースの直接の酵素結合イムノアッセイ(ELISA)が付加的な分析で測定したウイルス様の粒子で測定されるHPV16-特異抗体レベルを比較して、分析の異なるレベルで与えられるHPV16感染からの保護を評価した。


方法/主体所見:コスタリカHPVワクチン試験の対照群の388人のワクチン非接種女性からの反復された登録血清アリコートは、3つの血清学的分析を使用しているHPV16血清陽性のために測定された:VLPベースのダイレクトELISA;VLPベースの競争的Luminex免疫学的測定法(cLIA);そして、隠されたアルカリホスファターゼ・タンパク質中和分析(SEAP-NA)。
我々は分析血清陽性の関連とサンプリングを調整したオッズ比(OR)を算出することによる4年の追跡調査についての以降のHPV16感染のリスクを評価した、そして、cLIAから標準分離に基づくHPV16血清陽性は以降のHPV16感染(血清否定と比較してOR = 0.48、CI = 0.27-0.86)からの保護と有意に関係していた。
血清否定と比較して、ダイレクトELISA(OR = 0.53、CI = 0.28-0.90)ならびにSEAP-NA(OR = 0.20、CI = 0.06、0.64)から最も高い血清陽性の三分位値抗体レベルは、HPV16感染からの保護とも有意に関係していた。


結論/有意性:評価される3つの血清学的分析のいずれかによる登録HPV16血清陽性は以降の感染からの保護と関係していた、しかし、免疫予防のための分離は異なった。
我々は、よりよく測定して、防御免疫に翻訳する自然感染の後、分析と血清陽性レベルを定義した。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x