医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Exploring the genetics of nestling personality traits in a wild passerine bird: testing the phenotypic gambit.

人格特性を野生の燕雀類のトリに横たえる遺伝学を調査すること:表現型策略を検査すること。

Published date

2012-11-02

Author

Jon E Brommer, Edward Kluen

Affiliation

Department of Biology, University of Turku, University Hill FI-20014 Turku, Finland ; ARONIA Coastal Zone Research Team, Novia University of Applied Sciences and Åbo Akademi University Raseborgsvägen 9, FI-10600 Ekenäs, Finland.

Abstract

When several personality traits covary, they form a behavioral syndrome. Understanding the evolutionary dynamics of a behavioral syndrome requires knowledge of its genetic underpinning. At present, our understanding of the genetic basis of behavioral syndromes is largely restricted to domestic and laboratory animals. Wild behavioral syndromes are mostly inferred on the basis of phenotypic correlations, and thus make the "phenotypic gambit" of assuming that these phenotypic correlations capture the underlying genetic correlations. On the basis of 3 years of reciprocal cross-fostering of 2896 nestlings of 271 families within a pedigreed population, we show that the nestling personality traits handling aggression, breathing rate, and docility are heritable (h(2) = 16-29%), and often have a pronounced "nest-of-rearing" variance component (10-15%), but a relatively small "nest-of-origin" variance component (0-7%). The three nestling personality traits form a behavioral syndrome on the phenotypic and genetic level. Overall, the phenotypic correlations provide a satisfactory description of the genetic ones, but significantly underestimate the magnitude of one of the pairwise genetic correlations, which mirrors the conclusion based on domestic and laboratory studies.

 

いくつかの人格特性covaryとき、彼らは行動症候群を形成する。
行動症候群の進化の力学を理解することは、その遺伝子の土台についての知識を必要とする。
現時点では、行動症候群の遺伝子の基礎の我々の理解は、主に国内のおよび検査室動物に制限される。
野生の行動症候群は大部分は表現型相関を基礎として推論されて、このように、これらの表現型相関が基礎をなす遺伝子の相関を捕えると仮定する「表現型策略」を行う。
逆交雑を足貪欲集団内の271の家族の2896羽のひなで促進しているものの3年を基礎として、攻撃性、呼気料金と従順を扱っているひな人格特性が遺伝性で(h(2) = 16-29%)、しばしば顕著な「立ち上がりの巣」分散成分(10-15%)、しかし、比較的小さい「起源の巣」分散成分(0-7%)を持っていることを、我々は示す。
3つのひな人格特性は、表現型および遺伝子のレベルの上で、行動症候群を形成する。
全体として、表現型相関は遺伝子のものの満足な説明を提供するが、有意にペアワイズ遺伝子の相関の1つの大きさを過小評価する。
そして、それは国内のおよび検査室研究に基づく結論を反映させる。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x