PubMed日本語 - [ゾレドロン酸ベースのブドウ膜炎:症例報告と参考文献レビュー]。―QLifePro医療翻訳医療翻訳 QLifePro

医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

[Zoledronic acid-based uveitis: a case report and a bibliography review].

[ゾレドロン酸ベースのブドウ膜炎:症例報告と参考文献レビュー]。

Published date

Journal

Ginecol Obstet Mex. 2012; 80; 355-9;

Author

Mario Albani-Campanario, Gerardo Buendía-Díaz, María de Lourdes Flores-Islas, Carlos Maquita-Nakano, Josefina Ochoa-Cervantes

Affiliation

Red Crea. albani@redcrea.com.mx

Abstract

There are several treatment options for postmenopausic patients suffering from ostopenia or osteoporosis; one of them being inhibition of bone resorption using bisphosphonates. The most common side effects of these drugs are of gastrointestinal nature. There are, of course, other side effects that could jeopardize the function and integrity of other organs or systems. A case of a 58-year-old patient presenting zoledronic-acid induced uveitis symptoms is reported. The importance of this paper lies in that this complication is rather exceptional, in particular if associated with the biphosphonate in question.

 

いくつかの治療の選択肢が、ostopeniaまたは骨粗鬆症を患っているpostmenopausic患者のためにある;ビスホスホネートを使用している骨吸収の抑制であるそれらのうちの1つ。
これらの薬で最も頻度が高い副作用は、胃腸性質である。
もちろん、機能と他の器官またはシステムの完全性を危うくすることができた他の副作用が、ある。
ゾレドロン酸によって誘発されたブドウ膜炎症状を提示している58歳の患者の症例は、報告される。
問題の双ホスホン酸塩と関係している場合この合併症が特にむしろ例外的であるという点で、本論文の重要性がある。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x