医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Evaluation of antibiotic prescribing patterns in patients receiving sustained low-efficiency dialysis: opportunities for pharmacists.

Published date 2012 Jul 9

Evaluation of antibiotic prescribing patterns in patients receiving sustained low-efficiency dialysis: opportunities for pharmacists.

患者における抗生処方するパターンの評価は、持続性低効率透析を受ける:薬剤師の機会。

Published date

2012-07-09

Author

Laura E Harris, Anne B Reaves, Amy G Krauss, Justin Griner, Joanna Q Hudson

Affiliation

Methodist University Hospital.

Abstract

OBJECTIVES: Sustained low-efficiency dialysis (SLED) is a 'hybrid' form of continuous renal replacement therapy; however, there is very limited information on drug disposition during this procedure. Individuals requiring SLED are often critically ill and require antibiotics. The study aim was to evaluate antibiotic orders for patients requiring SLED compared to literature-based recommendations. We also evaluated whether doses were administered as prescribed and assessed clinical and microbiologic cure.

 

METHODS: A retrospective review was performed over a 2-year period for patients who received concurrent SLED and antibiotic therapy. Demographic data, prescribed antibiotic dosing regimens and doses delivered as prescribed were determined for 10 antibiotics: cefepime (C), daptomycin (Da), doripenem (D), gentamicin (G), imipenem-cilastatin (I), linezolid (L), meropenem (M), piperacillin-tazobactam (P), tobramycin (T) and vancomycin (V). Dosing regimens were compared to recommendations from the literature where available. The incidence of clinical and microbiologic cure was also evaluated.

 

RESULTS: A total of 87 patients met inclusion criteria: mean age 54 ± 14 years, 60% male, 58% white. Prescribed doses were evidence-based for 37% of Da, 97% of L, 15% of M and 7% of V orders. The majority of discrepancies were due to under-dosing. There were 129 (11%) antibiotic doses missed. Of the 13 patients who met criteria for assessment of clinical and microbiologic cure, 10 achieved a microbiologic cure and none reached clinical cure.

 

CONCLUSIONS: Prescribed antibiotic dosing regimens varied substantially and under-dosing was common. There is a need to further define appropriate dosing regimens for antibiotics administered during SLED and determine how pharmacists may help to ensure appropriate therapy.

 

目的持続性低効率透析(SLED)は、持続性腎臓補充療法の『複合型』形である;しかしながら、非常に限られた情報が、この処置の間、薬物動態にある。
SLEDを必要としている個人は、しばしば非常に重篤で、抗生物質を必要とする。
研究目的は、文献ベースの勧告と比較してSLEDを必要としている患者の抗生注文を評価することであった。
我々は、臨床および微生物学的な治癒を処方して、評価したように、用量が投与されたかどうかも評価した。


方法後向きレビューは、並列のSLEDと抗生物質療法を受けた患者のために、2年の期間の間行われた。
人口統計学的データは抗生投薬法を処方した、そして、処方されるように、排出される用量は10の抗生物質のために測定された:セフェピム(C)、daptomycin(Da)、doripenem(D)、ゲンタマイシン(G)、イミペネム・シラスタチン(I)、リネゾリド(L)、メロペネム(M)、ピペラシリン・タゾバクタム(P)、トブラマイシン(T)とバンコマイシン(V)。
利用できる所で、投薬法は文献から勧告と比較された。
臨床および微生物学的な治癒の発生率も、評価された。


結果合計87例の患者は、包含基準を満たした:54±14年の平均年齢、60%の男性、58%の白。
処方された用量は、Daの37%、Lの97%、Mの15%とVの注文の7%根拠に基づいた。
大多数の矛盾は、過小投薬によった。
逃される129の(11%)抗生用量が、あった。
臨床および微生物学的な治癒の評価の基準を満たした13例の患者のうち、10は微生物学的な治癒を成し遂げた、そして、いずれも臨床治療に達しなかった。


結論:処方された抗生投薬法は実質的に変化した、そして、過小投薬は一般的だった。
更にSLEDの間、投与される抗生物質のために適切な投薬法を定義して、薬剤師が適切な治療を確実にするのをどのように手伝う可能性があるかについて決定する必要が、ある。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x