PubMed日本語 - 悪性腫瘍のNanohyperthermia。II。マンガン灰チタン石ナノ粒子による生体内での腫瘍加熱。―QLifePro医療翻訳医療翻訳 QLifePro

医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Nanohyperthermia of malignant tumors. II. In vivo tumor heating with manganese perovskite nanoparticles.

Published date

この論文を読んでいる方は
こちらの論文も読んでいます。

Nanohyperthermia of malignant tumors. II. In vivo tumor heating with manganese perovskite nanoparticles.

悪性腫瘍のNanohyperthermia。II。マンガン灰チタン石ナノ粒子による生体内での腫瘍加熱。

Published date

Journal

Exp Oncol. 2012; 34; 336-9;

Author

L Bubnovskaya, A Belous, A Solopan, A Podoltsev, I Kondratenko, A Kovelskaya, T Sergienko, S Osinsky

Affiliation

RE Kavetsky Institute of Experimental Pathology, Oncology and Radiobiology, NAS of Ukraine, Kyiv 03022, Ukraine.

Abstract

Objectives:To evaluate the ability of manganese perovskite nanoparticles (lanthanum-strontium manganite) to heat the tumor tissue in vivo under action of external alternating magnetic field. Materials and Methods: The magnetic fluid on the basis of nanoparticles of perovskite manganite was tested in the heating experiments using of alternating magnetic field of frequency 300 kHz and amplitude 7.7 kA/m. Guerin carcinoma was transplanted into the muscle of rat. Magnetic fluid was injected intramuscularly or intratumorally. Temperature was measured by copper-constantan thermocouple. Results: Temperature of magnetic fluid was increased by 56 °C for 10 min of alternating magnetic field action. Administration of magnetic fluid into the muscle followed by alternating magnetic field resulted in the elevation of muscle temperature by 8 °C after 30 min post injection. Temperature of the tumor injected with magnetic fluid and treated by alternating magnetic field was increased by 13.6 °C on the 30 min of combined influence. Conclusion: In vivo study with rat tissue has demonstrated that magnetic fluid of manganite perovskite injected in the tumor increases the tumor temperature under an alternating magnetic field. Obtained results emphasize that magnetic fluid of manganite perovskite can be considered as effective inducer of tumor hyperthermia.

 

目的:Toは、外部の交流磁場の動作の下で生体内に腫瘍組織を加熱するマンガン灰チタン石ナノ粒子(ランタン-ストロンチウム亜マンガン酸塩)の能力を評価する。
材料と方法:灰チタン石亜マンガン酸塩のナノ粒子を基礎とした磁性流体は、周波数300kHzと振幅の交流磁場の7.7kA/mを使用している暖房実験で検査された。
ゲラン癌は、ラットの筋肉に移植された。
磁性流体は、筋注で、または、腫瘍内で注射された。
体温は、銅コンスタンタン熱電対で測定された。
結果磁性流体の温度は、10分の交流磁場アクションのために、56℃上昇した。
30分が注射を掲示したあと、交流磁場が続く筋肉への磁性流体の投与は8℃筋温の上昇に帰着した。
磁性流体を注射されて、交流磁場によって治療される腫瘍の体温は、複合影響の30分に、13.6℃上昇した。
結論ラット組織による生体内での検査は、腫瘍で注射される亜マンガン酸塩灰チタン石の磁性流体が交流磁場の下で腫瘍体温を上昇させることを証明した。
得られた結果は、亜マンガン酸塩灰チタン石の磁性流体が腫瘍高体温の有効なインデューサと思われることができると強調する。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x