医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Silica Nanoparticles Sensitize Human Multiple Myeloma Cells to Snake (Walterinnesia aegyptia) Venom-Induced Apoptosis and Growth Arrest.

二酸化ケイ素ナノ粒子は、ヒトの複数の骨髄腫細胞を毒によって誘発されたアポプトーシスと腫瘍が抑えるヘビ(Walterinnesia aegyptia)に対して敏感にする。

Published date

2012-12-09

Author

Douaa Sayed, Mohamed K Al-Sadoon, Gamal Badr

Affiliation

Clinical Pathology Department, South Egypt Cancer Institute, Assiut University, Assiut 171515, Egypt.

Abstract

Background. Multiple myeloma (MM), an almost incurable disease, is the second most common blood cancer. Initial chemotherapeutic treatment could be successful; however, resistance development urges the use of higher toxic doses accompanied by hematopoietic stem cell transplantation. The establishment of more effective treatments that can overcome or circumvent chemoresistance has become a priority. We recently demonstrated that venom extracted from Walterinnesia aegyptia (WEV) either alone or in combination with silica nanoparticles (WEV+NPs) mediated the growth arrest and apoptosis of prostate cancer cells. In the present study, we evaluated the impact of WEV alone and WEV+NP on proliferation and apoptosis of MM cells. Methods. The impacts of WEV alone and WEV+NP were monitored in MM cells from 70 diagnosed patients. The influences of WEV and WEV+NP were assessed with flow cytometry analysis. Results. WEV alone and WEV+NP decreased the viability of MM cells. Using a CFSE proliferation assay, we found that WEV+NP strongly inhibited MM cell proliferation. Furthermore, analysis of the cell cycle using the propidium iodide (PI) staining method indicated that WEV+NP strongly altered the cell cycle of MM cells and enhanced the induction of apoptosis. Conclusions. Our data reveal the biological effects of WEV and WEV+NP on MM cells that enable these compounds to function as effective treatments for MM.

 

背景多発性骨髄腫(MM)(ほぼ不治の疾患)は、2番目に最も頻度の高い血液癌である。
最初の化学療法治療は成功していることがありえた;しかしながら、抵抗発生は、造血幹細胞移植が付随するより高い中毒量の使用を強行する。
化学療法抵抗性を解決することができるか、迂回することができるより有効な治療の設立は、優先権になった。
我々は一人のWalterinnesia aegyptia(WEV)から抽出されるその毒を最近示した、または、二酸化ケイ素と結合して、ナノ粒子(WEV+NPs)は前立腺の癌細胞の成長停止とアポプトーシスを媒介した。
本研究において、我々はWEV単独とWEV+NPの増殖への影響とMM細胞のアポプトーシスを評価した。
方法WEV単独とWEV+NPの影響は、70例の診断された患者からMM細胞でモニターされた。
WEVとWEV+NPの影響は、流動細胞計測法分析で評価された。
結果WEV単独とWEV+NPは、MM細胞の生存度を減少させた。
CFSE増殖反応測定法を使用して、我々は、WEV+NPがMM細胞増殖を強く阻害するとわかった。
さらにまた、プロピジウム・ヨウ化物(PI)染色法を使用している細胞周期の分析は、WEV+NPが強くMM細胞の細胞周期を変えて、アポプトーシスの誘導を強化することを示した。
結論。
我々のデータは、これらの合成物がMMの有効な治療として機能することを可能にするMM細胞の上で、WEVとWEV+NPの生物学的効果を明らかにする。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x